こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 勝手にアウォーズ
日曜から風邪で寝込んだ('A`) 試合内容はあんまり覚えてないけれど、西野さんの「CWC3位」という言葉は記憶だけは鮮明w。りばぽはガナと引き分けで今度こそ首位陥落と思ってたら、またしてもチェルシーがお付き合い。これは一体なんの罠なんだ?w

★ ベスト・イレブン
GK:楢崎(名古屋)
DF:石櫃(神戸)、中澤(横浜M)、阿部(名古屋)
MF:エジミウソン(大分)、中村憲(川崎)、青木(鹿島)、小川(名古屋)
FW:マルキーニョス(鹿島)、柳沢(京都)、ジュニーニョ(川崎)

★ SUB:江角(大宮)、森重(大分)、遠藤(G大阪)、渡邊(京都)、枝村(清水)、杉本(名古屋)、前田遼(磐田)

★ その他に今年頑張ったと思う選手:内田潤(新潟)、内田篤(鹿島)、深谷(大分)、吉田麻(名古屋)、新井場(鹿島)、内山(神戸)、橋本(G大阪)、鈴木慎(大分)、小宮山(横浜M)、VJ(川崎)、ダヴィ(札幌)、カボレ(F東京)、ウェズレイ(大分)

★ MVP:マルキーニョス
★ 新人王:小川
★ 監督:ストイコヴィッチと城福さん
★ ベストゴール:フランサ vs 浦和@国立

優勝した鹿島からもっと選ぶべきなんだと思う。内田篤とか岩政とか優勝に貢献度の高かった選手を。でも最終ラインからのビルドアップは鹿島の弱い部分だし、内田も得意なプレーとそうでないプレーの差が激しすぎる。この辺りが昨シーズンと比べてサッカーのクオリティがどうだったかというと…なんて不満に繋がってくるのだと思う。

GKは該当なしでもよかったけれど、消去法でw。楢橋にしたのは、名古屋が高めのDFラインを採用したことで、プレーの幅が広がったと思うから。サブには、中堅チームでいい反応を見せていた江角。

4バックでなく3-4-3にしたのは、ビルドアップに不満のあるCBを並べるのが嫌だったので。失点数で選べば大分になるが、カードが多すぎてサブ止まり。鹿島も前述の理由で見送り。若手では吉田麻に期待しているが、まだまだフィードの凡ミスが多く出場試合数も少ない。闘莉王は審判がまともなら退場という試合が少なからずあったので今年も除外した。それでSBが二人になってしまったが、一応はサイドチェンジなどのロングフィードが出来る選手を入れて体裁を整えたつもりw。Jでは守備が崩壊していたチームから2名も選ばれていたけど、あれはないわー。

中盤は青木と遠藤で迷ったくらいで割りとすんなり。ACLまで含めるとダントツで遠藤だけど、Jに限定するとG大阪は得失差がマイナスになるなどパフォーマンスが悪すぎる。小川は守備にも奔走しているとはいえ、ちょっとカード多すぎ。初めてなので甘めにみてみた。

それでDFを1枚減らした代わりに、FWにジュニーニョを入れて3トップに。ゴール数は激減したがウィング的な役割として評価すれば、中村憲とともに川崎のゲームを組み立てていた中心選手なので。マルキーニョスと柳沢は文句なし。サブは代表でもサブで使えそうな杉本と、出場試合数は少ないがゴール数と担った役割を評価したい前田遼。

監督は戦力と結果を比較考量し、サッカーの内容も勘案して上の二人。

(´-`).。oO(加古川はどうなるんだろ...)
スポンサーサイト
Jリーグとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ CLベスト16組み合わせ
今季のUEFA主催大会は比較的強国のクラブチームが順当に勝ち上がっているようだ。ここ数年さえなかったドイツ・フランス勢がまだ5クラブ、オランダも3クラブ残っている。そしてロシア・ウクライナといった旧ソ連勢も頑張っている。一方でUEFAカップを中心に存在感のあったルーマニアは既に7クラブが、スコットランドやスイスも全滅してしまったか…

○CL国別勝ち残りクラブ数
プレミアとスペインが各4、イタリアが3、ポルトガル2、ドイツ・フランス・ギリシャが各1
○UEFAカップ国別勝ち残りクラブ数
イタリア・ドイツ、フランス各4、プレミア・オランダ:ウクライナ各3、スペイン・ロシア・デンマーク各2、ギリシャ・トルコ・ポルトガル・ポーランド・ベルギー各1

CLの抽選会ってプロモーション・ビデオ以外には特別な演出もなく、ほんとさらっとしている。ユーロの時はもっと派手にやっていた記憶があるが、評判悪かったのだろうか。
CLの決勝T組み合わせは、スペイン勢が比較的恵まれた一方で、プレミア絡みはすべてタフでわくわくするカードに。毎年ベスト4に3クラブも残ってたから?それにしてもまらない予想だww

R・マドリー(スペイン)vs ○りばぽ(イングランド)
相次いでいる故障者がどれだけ戻ってこれるかにもよるが、ニステルローイを欠くレアルは冬の移籍市場で動いてきそう。それくらいこの間のクラシコは一方的で見ごたえがなかったわけだけど、実際に対戦するとなると嫌な相手。いっそのことさっさと負けてプレミア一本に絞る?w

○チェルシー(イングランド)vs ユベントス(イタリア)
プレミアとは対照的にGLでは意外な苦戦を強いられたチェルシーだけど、さすがに決勝Tではピリッとするのではないかと。ドログバも戻ってきたことだし。GLを見ていてそのチェルシーに勝てる可能性を感じたのがバルサとユーベだったわけで、これは1回戦屈指の好カード。

○アーセナル(イングランド)vs ローマ(イタリア)
なかなか興味をそそられるカードだけど、昨シーズンに見たかったかな。今季のガナーズはちょっと微妙なんだけど、ローマも試合毎に波があってよく分からないチーム。とにかくベストの状態で対戦して欲しいものだ。

○インテル(イタリア)vs マンU(イングランド)
これで3つ目のプレミア、セリエ対決。CLではぱっとしないインテルは、今年も難敵に。よほどUEFAからにらまれているらしいw。でもマンUを知り尽くしたモウリーニョがいるから今季はひょっとするかも。マテラッツィとルーニーのマッチアップ、両監督の舌戦にも期待。

リヨン(フランス)vs ○バルセロナ(スペイン)
主力に怪我人でも出ない限りバルサ。とくかく今のバルサには死角がない。ベンゼマ…

○ビジャレアル(スペイン)vs パナシナイコス(ギリシャ)
パナシナイコス見てないけど、ここはビジャレアルで。

スポルティング(ポルトガル)vs ○バイエルン(ドイツ)
バイエルンにチャンスきた!ここ数年、クラブレベルでは不振を極めているドイツ勢だけど底力はあるはず。バイエルンももう一つ上にいけば、対戦相手に嫌がられるだけの歴史と伝統を持ったクラブなので頑張れ。

○アトレティコ(スペイン)vs ポルト(ポルトガル)
アトレティコに限らず、時に爆発的な攻撃力を発揮するスペイン勢は上を目指せるだけの力を持っていると思う。ここは順当にポルトを叩いて波に乗りたい。日本では圧倒的な存在だったフッキがどれだけやれるかに注目。

(´-`).。oO(神戸で復活した寮母さんまたいつかブログを...)
未分類 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ G大阪 3-5 マンU
試合終了後の外国人マンUファンの表情がすべてを物語っていたと思う。海外のwebサイトにも"Good game", "Great entertainment", "An unexpectedly quality match !", "Credit to Gamba", "spritual"といった言葉が並んでいた。

SkyによるとG大阪がボール・ポゼッション、テリトリアル・アドヴァンテージともマンUを上回った。そして1試合平均1ゴール許さないあの堅牢な守備陣から3ゴール!まあ試合が決まってからの2ゴールではあったけれどw

やはりプレッシャーの強いファイナル・サードでは日本のテクニックもまだまだ。ショート・パスはともかくロングボールやクロスといったのキックの精度もはっきり劣る。なによりプレー・スピードが違った。

それでもG大阪はガンバらしいサッカーで勝ちに行った。結果的に一昨年のローマのように大量失点を喫してしまったけれどw。でもプレミアやCLで、マンU相手にこんなサッカーで挑むクラブがいったいどれだけあるだろう?!

とても清々しさを感じ、日本が少しだけ世界に近づいた気がしたゲームだった。

#海外の反応
Gamba Osaka vs Manchester United(RedCafe.net)
United secure final date(SkySports)
Thrilling Finish As Manchester United Beat Gamba Osaka(Goal.com)
Gamba Osaka 3-5 Man Utd(BBC)
Manchester United v Osaka(BBC)
Gamba Osaka 3 Manchester United 5: Fergie's men through to Club World Cup Final after goal rush in Yokohama(DailyMail)
United hit five in thriller(FIFA)
Manchester United reach Club World Cup final(Times)
Rooney's World Club Cup cameo has all the parts(Independent)
World Club Cup: Crackers at Christmas, or a joy for the world?(Independent)

15.7%

(´-`).。oO(副音声の英語実況があって助かった...前半終了間際と1ゴール返した直後の失点...寮母さんが退任だとか...)
Jとかのマッチ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ぱっとしなかったなー
久々にファンサカでトップに返り咲いた。代表選手や外国人は使わないとか、キャプは若手限定とかの縛りを外したらあっけなく2桁上位の成績で。多分エレベーターだけどw

さすがに3戦目ともなるとアデレードの対策もスマートだった。コンパクトかつ中央を厚めに構えたフォーメーションから、フィジカルを生かした前線からのプレッシングで幾度も横パスをかっさらう。G大阪もサイドの攻防に持ち込んで対抗していたが、佐々木が負傷退場したこともあって攻撃に分厚さを欠くことに。リードしてからもその傾向は変わらず、G大阪らしいサッカーで圧倒することはなかった。

2戦目までの攻守の切り替えの早さや集散の早さが陰りをみせていた守備はより深刻だったかもしれない。アデレードにピッチを大きく使われてしまったことでプレッシングの焦点がぼけてしまい、決定機が失点に結びつかなかったことは幸運だったとしか。次に対戦するマンUもイングランドのチームらしく大きな展開から個の勝負を強調してくると予想するが、アデレードの距離感でゲームを進めてしまったことは反省点。コンディション的な問題を抱えていたのかもしれないが。

まあマンU相手で二川と佐々木抜きならこんなゲーム展開になりそうなので、いい予行演習になったのかもしれない。それにしても、もし追いつかれていたらどうなっていたことか。熱くなって不用意に前に出たところをやられていたかもw。

どうなる福岡?!
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/64571
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/64769
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/64996
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/65269
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/65436
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/65573
Jとかのマッチ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 仙台惜しかったけど…
HONDAを退社し、Jリーガーとなった宇留野ががんと闘っていた。闘志がプレーに表れる宇留野は、杉山とともに好きな選手だった。戦力外になってしまったが、またどこかでプレーする姿を見てみたい!
がんと闘った宇留野にエール(山日)

あのFKがバーに嫌われていなかったら、最後のシュートがゴールに吸い込まれていたら…。仙台にも昇格のチャンスがあった入替戦だったのかもしれない。
おそらくはオフトの指示だろう。ユアスタで行われた1試合めの後半からは、リャンと関口を経由する仙台のアタックに対応できたことで、磐田がゲームをコントロールできていたと思う。じゃあ仙台がどう修正すればよかったかノー・アイデアだけど、3-2(1-1)という結果やロスタイムの攻防以上に実力差はあったのかなと。
試合後にエールを交換する光景が、ORANGEに描かれたシーンそのものだった。これで仙台が来年も戦えますように…

(´-`).。oO(J2はうまく全国にばらけてる...今さら来シーズンは香川を呼ばないとか...)
Jとかのマッチ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。