こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 負けちゃったけど・・・
vs ベルガモ 1-3
(22-25,25-17,26-24,25-20)

Skowronska(9) Arrighetti(8)   Borrelli(4)
Djerisilo(18) Paccagnella(11) Sliwa(1)    De Gennaro (L)

Takahashi(7), Adams(0), Dall’Igna(0), Astarita ne


シンたんをもっと大きく!リーグ戦4位を走るベルガモとのアウェーゲーム。上位との対戦だし、アキレス腱を痛めてしまったとシンたんページに出てたので、期待はしてなかった。でもそんな時でもやってくれるのがシンたん!久しぶりにサイトに名前がいっぱい出ていた♪ごめんよシンたん。

このゲームもシンたんは控えスタート。終盤20-21で負けている時に2枚換えでスコブロちゃんと交代でライトに入る。挨拶代わりにスパイクを決めたのにサイドアウトの流れの中でバックに下ると交代。でもこのセットは25-22でヴィチェンツァがゲット!

第2セットは、13-18の場面でコートに入る。今度はレフトの Djerisilo がバックに下がったときの守備固め。シンたんのユーティリティ性がチームに貢献している!セットは取られちゃったけど。

そして第3セットは、この日調子の上がらなかったエース Borrelli に代わって先発。若いセッターの Dall’Igna ちゃんとは息が合っているみたいで要所でポイントを決めて21-23に追いすがったり、リベロと二人して驚異的なレシーブでチームを救ったようなことが書かれている。でも残念ながらでデュースから競り負けちゃった。

第4セットもシンたんはレフトで先発。だけど6-11になったところで、シンたんは Djerisilo と交代。最後まで出番はなかったようで、ゲームも1-3で負けちゃった。

最終セット、エース Borrelli は Djerisilo に代わって入っている。これまでだとシンたんが外れていたのに先発したのは一歩前進なのかも?!なんて期待してしまうのだ。

# 参考にしたサイト
 「ヴィチェンツァ公式サイト」「試合レポート」
 「:: LEGA VOLLEY FEMMINILE ::」「試合レポート」

# シンたんの個人成績
 得点 7点、サーブ 0/6(失点1)、レシーブ 4/6(67%)、
 アタック 7/15(失点1、被ブロック0、47%)、ブロック 0
スポンサーサイト
高橋みゆきたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ シンたん出番なし
団幕が泣いてるよ...たとえ守備固めだけでも試合に出ていたシンたん。でもこの日は最後までコートに立つことはなかった。立派な団幕も出ていたのに・・・(関係ないかw)
ヴィチェンツァはスト負けで、これで7位に後退。シンたんのイタリアが1日でも長く続きますように。

ジェシ 0-3 (22-25,21-25,23-25)

 Sliwa(3)     Paccagnella(8) Djerisilo(4)
 Borrelli(15) Arrighetti(8)  Skowronska(8) De Gennaro (L)

 Adams(3), Starovic ne, Dall’Igna ne, Astarita ne,
 Takahashi ne


(´-`).。oO(審判が悪かったってイタリアらしいというか...)
高橋みゆきたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ う~ん
佐野ちゃんヴィチェンツァは8日のリーグ戦再開を控えてローマのミニ・トーナメントに参加し、調整試合。でもシンたんは、あまり起用されなかった・・・。なので今日の画像は、カンヌの佐野ちゃんw

vs Arzano 3-2 (25-23/23-25/25-21/19-25/15-6)

WS : Skowronska 21, Adams 18, Borrelli 9, Djerisilo 3, Takahashi 6
MB : Paccagnella 18, Astarita 4
S : Sliwa 2, Dall’Igna 2 L : Bedin

シンたんは第4セットしか出ていないみたい(他のセットに名前なし)。もし1セットだけで6得点だったら凄いのだけど、セット奪われてるや。でもライトでの起用は初めてかも・・・。イタリア代表に招集された選手の代わりに若い選手が起用されたようだ。

vs イタリア代表 1-3 (31-29/22-25/25-20/25-21)

WS : Skowronska 15, Adams 11, Borrelli 10, Djerisilo 5, Takahashi 4
MB : Paccagnella 11, Astarita 2
S : Sliwa 2, Dall’Igna 0 L : Bedin

この日もシンたんは第4セットだけ?このゲームでは再びレフトのポジションに入って4得点。でもまたセットを失った。アダムスが移籍話し以来積極的に使われているみたいだ(結局残留)。シンたんは、2日続けて若いイタリア人セッターと一緒にコートに入っている。チームとしての起用方法の問題なのか、それともシリバと合わないのか・・・。
高橋みゆきたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ スイス国際親善トーナメント
ピカーーーッ!ヴィチェンツァは、スイスの国際親善試合に参加。もちろんシンたんも1週間のクリスマス休暇を終えて現地に合流し、プレーしている。

そしてなんと佐野ちゃんのカンヌも参加してた!VのチームもVリーグとか国内だけではなくて、海外のトーナメントに参加する日が来れば・・・。

■ 1戦目
vs Finasa Osasco(ブラジル)
 1-3 (25-13/18-25/21-25/23-25)

シンたんは2セット目に登場。でもなーんにも書いてないや。4セット目も出たんだけど、16-16で前に上がったときに交代したようで、目だった活躍は出来なかったみたいだ(´・ω・`)

WS: Skowronska 9, Djerisilo 9, Borrelli 7, Starovic 0, Adams 2, Takahashi 3
MB: Arrighetti 7, Paccagnella 7, Astarita 3
S : Sliwa 3, Dall’Igna 1 L : De Gennaro

■ 2戦目
vs Volero Zurich(スイス)
 0-3 (24-26/18-25/18-25)

シンたんは第1セット終盤に守備固め、だけだったみたいだ ('A`) ヴィチェンツァも2連敗でグループAの最下位になり、5位決定戦へ。

WS: Borrelli 14, Djerisilo 5, Adams 5, Skowronska 4, Starovic 0, Takahashi 0
MB: Arrighetti 9, Paccagnella 7, Astarita ne
S : Sliwa 0, Dall’Igna 0 L : De Gennaro


■ 5位決定戦
vs USC Munster(ドイツ)
 3-2 (25-16/19-25/25-15/21-25/15-8)

この日のシンたんは第3セットに Borrelli と交代でコートへ。アタックや終盤の守備で貢献し、セットを奪う。第4セットも2つの守備のファインプレーのことが書かれているんだけど、終盤追い上げる局面になってコートから出てしまった。8点あげてるんだけど物足りないなぁ・・・。

WS: Skowronska 21, Adams 13, Borrelli 11, Djerisilo 0, Starovic 0, Takahashi 8
MB: Arrighetti 15, Paccagnella 8, Astarita ne
S : Sliwa 5, Dall’Igna 0 L : De Gennaro

この大会では4番目のWSとしてアダムスが優先されていたような気がする。アダムスには移籍話が来ているので、なにか影響があったのかな。シンたんはそれほど活躍することなくトーナメントを終えてしまったのだ・・・。佐野ちゃんのカンヌが2位になってるのに、こんなことでいいのか?>ヴィチェンツァ
高橋みゆきたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ シンたん誕生日おめっ!
荒巻くんシンたんとても27歳とは思えない!とってもいい年の取り方をしてるように思う。ええわーこんな人(笑)
昨日は山形で赤ロケのゲームを見たようだ。自分が抜けた後の姿を見てどう思ってるのだろ・・・。

ところでフィギュアの採点、代表は、あれでいいのだろうか。

今の採点方法は絶対評価なのに国際大会と明らかに違うような。国内大会とはいえ演技点が底上げされすぎていて、世界に通用する選手や演技を選ぶ重要な試合がこんなことでいいのかと思う。

どうしても女性のフィギュアに美しさなんてものを求めてしまうおいらとしては、例えばいい音楽を聴いたなとか、いい本を読んだなぁとため息をつくような、そんな感動が欲しいのだけれど、演出の臭いぷんぷんでは・・・。

採点競技、ことにフィギュアはこういうものなのかもしれない。でも過去の不祥事のことを思い出させるようでは正直しらけてしまうし、採点競技への信頼性を揺らがすことになるのでは?

今季活躍したとはいえない選手ばかり3人が選ばれて、そのうち1人は全日本6位。実績や知名度とかが重要なフィギュアで、世界が高い評価を与えてくれるのだろうか。オリンピックは期待しないで見ることにするのだ。

(´-`).。oO(フィギュアの実況は刈屋さんしか考えられないよ...)
高橋みゆきたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。