こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 千葉1-2G大阪
#オシムたんが千葉を離れたので、今後は「Jとかのマッチ」に分類

守備的な試合が多かったWCよりは、よほど面白いゲームだった。試合そのものも双方に決定機と逸機があり勝敗はどちらに転んでもおかしくない内容。ただそこにオシムたんの姿はなかった...。
好みの戦い方をしてくれる両チームだけれど、千葉目線での感想。

解説の原さんはG大阪の選手交代が千葉の混乱を招いたと解説していたが、そもそも千葉のバランス悪く、G大阪の方がしっかりしたサッカーをしていたという印象を受けた。

オシムたんの頃から2DF+阿部(に限らないけど)はトライしてきた形だったが、このゲームでは巻、ハース、羽生、クルプニコビッチと攻撃に特徴のある選手を併用した(多分初めて)ために中盤の底は佐藤勇1枚。実質的には欧州ではしばしばお目にかかるDH1枚の3-5-2で、G大阪の前線の3枚をマンマークしながらストヤノフを余らせていた。でもこのシステムで、この選手起用だと、中盤でボールを支配できないとどうしても危ないシーンが増えてしまうのだろう。

攻撃にリズムがある時間帯は最終ラインから阿部、ストヤノフがフォアリベロ気味のポジションを取るなど攻撃に厚みをもたらしていたが、一旦守勢に回るとバランスの悪さを感じる。G大阪の素早いチェックから薄い中央を使われているうちにDFラインが下がり、サイドにも大きなスペースが出来、2列目の選手が最終ラインに吸収されることもしばしば。このシステムを継続するのなら、DFに本職を入れて最終ラインを安定させ、MFに守備意識の高い選手を1枚入れる方がよいのかなと。

攻撃面ではアクションは起こせていたが、後方からの飛び出しのタイミングがよい時のそれではないと感じた。例えば、千葉は簡単にボールを動かせない時にプニにボールを預けることが多いが、彼がボールを持ったときに周囲、とくに後方からのフォローが少なかった。プニは決定的なパスを狙いがちで高い位置で勝負させる選手だと思うが、バランス的に下がらざるを得ない局面が多く、低い位置で狙われて度々ピンチを招いていたのは少々問題だったかなと。

そして阿部、ストヤノフとボールを動かせる選手がいるのだから、ハースへのロングフィードだけでなく、もう少し巻をポストにして、プニ、羽生が押し上げる選択肢があってよいと思う。G大阪の鋭い出足にラインが間延びしてしまい前線との距離感がよくなかったこともあるが、そういうシーンはほとんど見られなかった。

アマル新監督のスタートは黒星となってしまった千葉。意欲的な新布陣で挑み見せ場も作っていたが、バランスの悪さがよい流れを継続できなかった原因だったようにも感じた。新監督がどう考えているかは分からないが、2週間という短期間に4試合なので修正する余裕は限られており、ここで脱落してしまう可能性も。早くも正念場を迎えたのかもしれない・・・。

あまり好きなレフェリーじゃなかったけど、いい笛だったと思う(笑)

(´-`).。oO(こんないいカード平日にやるなよ...協会の犬サポへの説明はうやむやなのか...甲府が勝った...VFQダンス(*´Д`)ハァハァ...)
スポンサーサイト
オシムたんと千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 無理やりポジってみる
日本サッカーのこの4年間といえば、今回のWC惨敗だけではなく、アジア予選落ちしたU-17や1勝もできなかったワールドユース、そしてGLで敗退したオリンピック代表と結果が出ていない。しかも内容的にとても評価できるものではなく、ここ数年間で世界の中での地位を低下させつつある。

どうやら協会はこの4年間を総括する気はなく、曖昧な説明のまま次のステップに移ろうとしているようだ。目指すべきサッカーの姿がない国では、メディアが相変わらず無責任に漠然とした期待感を垂れ流し、4年前と似た空気が流れるだけ。オシムたんの代表監督就任がすべてを解決するかのような錯覚に陥ってしまう。

オシムたんが日本に相応しい監督の一人であること間違いない。できれば自分も見てみたい。しかし重要な検証プロセスをすっ飛ばし、しかもクラブ不在としか思えない代表監督の要請手法。根本的な問題を置き去りにしたまま安易に監督個人の資質、能力の問題に帰結させていては、日本は確固としたビジョンなんていつまで経っても持てやしない。

残念ながら代表に露出が偏る日本では広く一般の注目を集めることはなかったが、オシムたんが3年あまり率いた千葉は魅力的なサッカーを披露していた。少々熟成には時間が必要だったが、おそらく「人とボールが動くムービングサッカー」は代表の基本コンセプトにもなるだろうし、自分が最も期待するスタイルでもある。

ジーコ路線の継承なんて笑止千万な説明をする協会にはなにも期待しない。多くの人が日本のサッカースタイルについて考える機会が与えられる点にこそ、オシムたんが代表監督に就任する意義があるのだと、無理にポジってみるしかないのだろうか。

こういうのを読むと、犬サポになってしまいそうだ・・・
なぜ、ジェフ千葉は譲歩しなければならないのか?犬の生活(番外編)
ジェフ、2度目の横取り被害

(´-`).。oO(犬サポさんたち...横浜フリューゲルス以来のもやもや感...)
オシムたんと千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ オシムたん来日
代表監督騒動の渦中にあるオシムたんが来日。クラブを愛し、監督との絆を大切にする犬サポさんたちが空港にお出迎えし、一緒に戦いましょうとメッセージを送っていた。
そんな純粋な犬サポさんたちと対照的に協会は、無様な敗戦の総括さえ怠っている。日本サッカーのビジョンを具体的に示すことなく、オシムたんに丸投げするつもりなのだろうか。
そしてトップが「世界にそんな前例はないから…」と言っていた組織が、フェアプレイの精神に反する前例を作ろうとしている滑稽さ。ジーコの退任は突発的なものではないし、オシムたんの契約期間も分かっているのに。日本サッカー界を支えるJリーグをなんと考えているのだろう。
日本にいることが奇跡とさえ言われるオシムたんはもちろんのこと、犬サポさん、千葉、そしてJリーグがみなハッピーになれますように。

#クラブからのコメント(ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト)
オシムたんと千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 腐ったみかん
久しぶりに「腐ったみかん」という言葉を思い出した。

以前に当該記事の感想を書いたことがあるので、憤怒の念をこめて記録しておく。
#「この人の言葉が聞きたくなる。」(3月17日の日記)

木村元彦の「地球を一蹴」 第29回(6/27更新)
「川淵キャプテンに伺いたい」 より抜粋(SKY Perfect TV!)

腹が立って腹が立って、仕方がない。

「言葉」を重要視して来た監督に対するサッカー協会の何とも不用意な「言葉」の先走り。川淵キャプテンの「大失言」。
本人、ジェフ千葉の了承も得ないままにメディアに発表してしまうとは何と言う無礼な振る舞いだろうか。愚かな発言者はジェフの選手、サポーターに対して謝罪すべきだ。
何よりジーコにも失礼だ。
「失言」なのか、意図的「確信犯」か、そんなことはどうでもいい。人事に関する秘め事を事前に漏らしてしまった大失態に変わりは無い。協会トップの人間として、ある意味で、W杯の惨敗以上にこの責任は重い。

川淵キャプテンは拙著『オシムの言葉』に感銘を受けたと言って下さったようだが、著者の私がこの4月、一ヶ月に渡ってジェフ千葉から、取材拒否をされていたことを、ご存知だろうか?
何の明確な理由説明も無いままにオシム監督インタビューを取材日前日になって、3度に渡ってキャンセルされたのだ。朝日新聞、角川書店、集英社の各担当編集者が、ごにょごにょとしか言わない広報担当から聞くところによると、それは、今春Number誌に掲載されたオシム記事がジーコ批判に当たるとして、「木村さんの取材はちょっと」ということになったそうである。
監督の言葉を詳細に採録したあの記事の一体どこが、ジーコ批判になるのか?読解力の無さに呆れるが、例え批判であったとしても、それで取材を妨害するとは、これは度し難い間接的な協会の圧力である。

是非とも川淵キャプテンにお目にかかって直接質したい。
間接的な圧をかけておいて、手の平を返して今度はそのオシムに要請ですか?
『オシムの言葉』のこの部分はお読みになったのですか?
「言葉は極めて重要だ。そして銃器のように危険でもある」
オシム監督はこういう信義に外れたやり方を最も嫌うのだ。
オシムたんと千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ オシムたんが騒がれている
オシムたんの監督としての実力は、世界的な名声からも疑う余地はない。確実に日本代表をレベルアップさせ、戦う集団に変えてくれることだろう。

でも自分の中では、オシムたんが日本のサッカーそのものに大きな影響と変化をもたらしてくれることへの期待感が勝る。これまでのオシムたんの言動から察するに、仮に代表監督になれば、日本が目指すべきスタイルを強く意識したサッカーを提示してくれることだろう。そしてプレーする選手同様に、応援するファンも考えることを要求されることになりそうだ。そんな緊張感あふれる関係を夢想せずにはいられない。

しかし同じ失敗を繰り返そうとしている素人フロントのような協会が、そもそも世界有数の名将の招聘を実現できるのだろうか。川淵の会見もあまりに胡散臭かった。オシムたんのファンとしては、そんな国の代表監督になるくらいなら、少しでも長く千葉の監督を続けて欲しい。より多くの試合が楽しめることだし。

■「世紀の大失言」に思うことby 宇都宮徹壱(スポナビ)
オシムたんと千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。