こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ WC25日目
○イタリア 1-1(5-3PK)フランス

ついにビッグ・マッチとして語り継ぎたくなるようなゲームには出会えなかった。そして画期的な新戦術や大番狂わせもなければ、若いタレントの活躍という点でも、この大会のインパクトは弱かったかな。

世界の隅々まで戦術が行き届いたことでサッカーのレベルは上がり、タクティカルな面では面白いトーナメントだったかもしれない。しかし各国のスタイルはさらに同質化し、似たようなゲーム内容が多かったことが残念。

WCは巨大化しすぎたのかも。厳しい日程面からの制約と自らの商品価値を高めるために、リスクチャレンジのスピリットを失いつつあるようだ。優勝したイタリアも、大会前には攻撃的との声もあったが、リスタートをうまく絡めながら効率的に12ゴールを積み上げたという印象。

傑出したチームがなく、より現実的な戦い方をするチームが勝ち進むのが現代のWCでは楽しめない。次の日本の代表監督と目されている人は、まず間違いなく違うアプローチで勝利を追及する。その時にサッカー・ファン、日本の国民はなにを感じ、なにを考えるだろう…。

試合は、かなーり怪しいPKでフランスが先制し、白熱した展開が期待された。でも早い時間にイタリアがCKから追いつくと、両チームともリスクを最小限に抑えた攻撃でゴールの匂いが漂わない。より勝利に相応しいプレーをしていたのはフランスだと感じていたが、ジダンの退場がフランスの運命を変えてしまったのかもしれない。

Domenech defends disgraced Zidane(BBC)
Zidane was provoked - Gallasa (BBC)
確かにアルゼンチンのレフェリー(開幕戦やイングランドvsポルトガル戦などを担当)は前半から不安定だった。そしてなんらかの事情があることは容易に想像できる(マテだしw)。でもあの行為は正当化できないや。それでもMVPなのは・・・。

○おいらのMVPとか

MVP カンナバーロ、次点はヴィエラ
ベスト・マッチ 該当なし
ベスト・ゴール F・トーレス(vsウクライナ)、次点 ロドリゲス(vsメキシコ)
ベスト・ダイブ グロッソ(vsオーストラリア、これはESPNの選出)

ベスト11
GK:ブッフォン
DF:ラーム、テュラム、カンナバーロ、ザンブロッタ
MF:ピルロ、ガットゥーゾ、ヴィエリ、ジダン
FW:クローゼ、クレスポ

(´-`).。oO(決勝だけゴール入るまでやれば...後半から某民放に変えた...)
スポンサーサイト
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ WC24日目
まだまだこういう記事が少ないような  ヽ(`Д´)ノ
J1千葉:日本協会に監督引き抜き防止徹底など要請へ(毎日)

○ドイツ 3-1 ポルトガル

一部には不要論もある3位決定戦だけど、予想に反して面白かった。

ドイツは一番期待を裏切ったチームだったかな。開催国ということもあるが、ドイツは攻めた。決してスキルフルではないし、終始攻め続けられるほどの力はなかったが、7試合戦って14ゴール。最後まで楽しませてくれたチームの一つになった。
バラックは開幕戦に続いてこの試合を欠場したが、絶好調の姿でチームにフィットしているチームを見たかったや。ポドルスキー、シュバインシュタイガー、ラーム、オドンコル(フートもw)なんて楽しみな若手も出てきたので、次のユーロは少しだけ期待してみよう。

ポルトガルはやっぱり崩しきれなかった。オランダ、メキシコ戦以外は圧倒的にボールを支配し、あれだけ華麗な攻撃を展開しながら、ドイツとは対照的に7ゴール。1試合あたり1点で、この日のゴールも勝敗の行方が決まってから。技術レベルは高く、見た目も派手だけど、攻撃については最後まで個人ありきの印象は変わらなかった。
C・ロナウドは才能を認めながらも、ダイブ動画集が出回るなどすっかり悪役になってしまったなあ。もともとプレミアでもプレー・スタイルについて様々な声があったけれど、このWCで世界的に有名になってしまった。ファーガソンは出したくないようだけど・・・。

上川さんが、日本人で初めて決勝Tで笛を吹いた。ほんの少しだけ開催国に気をつかいw、"Cheating Portugal"なんて陰口を叩かれるプレーをよく見極めていたかな。海外サイトでも開始早々のポルトガルのハンドのシーンに名前が見当たる程度だった。Jでもこれくらいの基準で、目立たないように笛を吹いて欲しいなと。もし前の大会のレフェリングについていろいろ噂された副会長の国の副審とコンビでなかったら?

(´-`).。oO(ルーニーはC・ロナウドに感謝したほうが...)
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ WC23日目
○ポルトガル 0-1 フランス

決勝トーナメントに入ってから渋い試合が続いている。これまでの14試合で24ゴール(うち延長3ゴール)で、90分間では平均1.5ゴール。カップ戦ではしばしば守備的に戦うチームが上位に進出するが、スケジュールの厳しいWCでは仕方ないのだろうか・・・。

堅い守備をベースに勝ち上がってきたチーム同士のセミ・ファイナルは、予想通り中盤の捻り合いに。枚数自体は同じ5枚だが、フランスは攻守に諸刃の剣となるジダンを抱え、ポルトガルの両サイドはウィング的な役割が大きい。どうなるかと見ていたら、ここにきてマケレレ、ヴィエラを中心に守備バランスが改善してきたフランスが、中盤の主導権を握ることに成功。そのまま最後まで押し切ったという印象だった。

ポルトガルもまずまずの出来だった。イエローの累積で1試合休んだデコはピッチ狭しと走り回り、両サイドが持ち味を発揮するシーンもあった。しかし攻撃が美しすぎるというか、ともすればサイド攻撃に偏重しすぎで変化が少ない。フィーゴが押さえ込まれた後半になるとポルトガルの構成力は半減し、C・ロナウドはこのゲームでも試合を決定づける仕事ができなかった。

ポルトガルは、バランスのよい強固な守備、世界有数のサイドアタッカー、クリエイティブな攻撃的MFなど水準以上の戦力、そして前回大会優勝の名将を有していた。しかし先のユーロがそうであったように頂点に登りつめるためには、なにか1つピースが足りない気がする。それがストライカーの決定力なのか、1トップを孤立させがちだったサイドからのフォローなのか、はたまたイタリアやアルゼンチンのような狡猾さなのか・・・。

ポルトガルは、89年、91年のワールドユースを連覇して以来、着実に力をつけてきた。99年に準優勝した日本は、その流れを生かせるのだろうか…。

(´-`).。oO(ゆるねばが聞こえてきた...)
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ WC22日目
このクラウチに大笑いしてしまった。(trashhero.ch)

○ドイツ 0-2(延長0-2)イタリア

イタリア人には最高のゲームになったに違いない。お互いに堅い守備から少ないチャンスをものにしようとする白熱の展開。誰もがPK戦を覚悟した土壇場の2ゴールは、極上のイタリアワインで乾杯したくなるような、そして官能的なゴールだった。

イタリアにより勝利の可能性を感じていた。イタリアは常にコンパクトに保って、1枚多いMFの優位性を発揮していた。激しいプレスで中盤を支配すると、ショートカウンター気味に両サイドをえぐるしつような攻撃が効果的。バラックを低い位置に押し込めて、ドイツに分厚い攻撃を許さない。攻撃的とまでは言えないが、敵地ドルトムントでこのようなアグレッシブな戦い方を仕掛けたことには少々驚かされた。

ドイツは3月の親善試合で1-4の大敗を喫したことがトラウマになっていたのか、イタリアのサイドアタックを警戒しすぎていたようだ。SBが後方で守備的に備えることを優先していたのはゲームプラン通りだったと想像するが、攻撃手段が一つ消えた感じが否めなず、攻撃の形を作るのに一苦労していた。とはいえイタリアのペースが落ち始めるとドイツにも大きな決定機が幾度も訪れ、その質もイタリアを上回っていたように感じた。

若いドイツの組織力や戦術遂行力は見事だった。そして従来の堅実なイメージというよりは、情熱的という言葉が似合うチームだった。クリンスマンにはこのまま監督を続けて欲しいなと。

(´-`).。oO(ゴールの瞬間ローマが燃えていた...)
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ WC21日目
現地紙に掲載されたオシムたんのインタビュー。同じマスコミでも日本よりは信用できそうな内容だ。早くオシムたんの肉声で説明して欲しい…。
クロアチア紙とボスニア紙のオシム・インタビュー(クロアチア・サッカーニュース)

○イングランド0-0(1-3PK)ポルトガル

もう期待してはいなかったけれど、イングランドは最後まで大会前のフォームに戻ることはなかった。でもこの国の応援スタイルと、どんな状況でもプレーし続けるスピリットが好きだから、嫌いになれないんだよな(笑)

ポルトガルは攻撃の中心選手を欠いていたが、イングランドのゴールをこじ開けられなかった。仕上げの部分は個人の能力に頼る面が大きくなるが、連動性の面でいささかぎこちない。守備バランスに優れたしたたかなチームだけど、攻撃面の意識はお国柄で簡単に変わらないのだろう。

ジェラードはランパードとのバランスを考えすぎて、らしさを発揮できないWCになってしまったなぁ。二人とも攻守にバランスのよい選手なのに、いざチームで一緒にプレーするとタイプが似ているためか機能しない。個人的には役割が逆だと思うけど、まあフットボールってそんなものなんだろう。ジェラードにPKは・・・(ぼそぼそ)

クラウチが戦術的に機能してたや。あれなら最初からルーニーとの2トップで勝負してよかった気がする。ルーニーの1トップは、フォローが少なすぎて辛かった。

カラガー…_| ̄|○

England 0-0 Portugal(BBC)
So harsh on Wayne in a bad World Cup for front men(Guardian)
Rooney's lonely crusade ends in ruinous defeat(Guardian)
Fifa investigates Rooney red card(BBC)
EXCLUSIVE: I'LL GET CON RON EXCLUSIVE DREAM IN ROOINS: WAYNE'S FURY GERMANY 2006 Raging Rooney's threat to his Man United team-mate(SundayMirror)

(´-`).。oO(フォーラムが荒れている...)

○ブラジル0-1フランス

フランスの完勝に近かった。攻撃のための守備の重要性を再認識し、個のタレントがチーム戦術の前に屈したと感じた。

走れない選手になったことを自覚したジダンは、この大会を最後に引退する。依然として攻撃では輝きを放つ選手ではあるが、フランスの守備に負担をかけていた面は否定できない。それだけが理由ではないが、ジダンらのベテランが復帰したにもかかわらず、フランスは90年代の輝きを取り戻せないでいた。

しかしここ2試合のパフォーマンスは、フランスがジダンのためのシステムをようやく消化し始め、リケルメを擁するアルゼンチンのように、ジダンを含めたチーム・バランスにたどり着きつつあることを示している。フランスのボール奪取からは意図が感じられ、攻撃への切り替えもスムースだった。

この日のブラジルは、前後半とも開始直後は攻撃的な姿勢をみせていた。ガーナ戦後にプレスから出た、ブラジルは魅力的でないとの批判がペレイラ監督と選手たちに何らかの影響を与えたのだろうか。

しかしブラジルはフランスの守備の前に自由を失い、ゲームを支配された。いくらロナウジーニョやカカ、ロナウドたちが特別な選手たちであっても、スペースを失った選手たちの攻撃は散発的で、単調に感じるほどだった。それでも十分に危険ではあったが、勝利に相応しいプレーをしてたのはフランス。史上最強の呼び声の高いカナリア軍団は美しく囀ることなく姿を消してしまった。
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。