こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 千葉 1-2 G大阪
心待ちにしていた鹿島スタジアムでの甲府生観戦がとある理由でただのドライブになってしまい、情けない気分で千葉vsG大阪をテレビ観戦。といってもこの両チームの試合はフェアでプレー時間も長くたいてい好勝負になるもので、今回も期待が裏切られることはなかったかなと。

現状を打破する必要のある千葉は工藤に代わってFWの新居が先発し、3-5-2でスタート。2トップに変更したことでサイドの守備の負担を懸念したが、状況に応じて3-6-1と使い分けながらまずは五分の立ち上がり。迫力あるG大阪の攻撃陣を千葉の激しいプレッシングが迎え撃つという激しい中盤の攻防が続く。
決定機の質という点でG大阪により可能性を感じていたが、千葉がG大阪の一瞬の隙をついてゴールを奪う。ボックス内で下村がボールを奪うと、羽生→巻→新居ときれいにつないて、お手本のようなファインゴールだった。
千葉は先制ゴールを奪ったことでペースダウンしたのか後方から攻め上がりは減少、しかし積極的な守備は衰えない。大きな展開を織り交ぜたダイナミックな攻撃も随所に見られ、下位に沈んでいるチームとは思えないサッカーを展開した千葉が前半をリードして終える(攻撃時に簡単にボールを失う場面は相変わらず多かったけどw、ミスへの対応はしっかりしていた)。

G大阪は、後半開始から投入された家長が効果的だった。遠藤が中盤の底に下がってゲームを作り始めたことで攻撃の起点が増え、前線にスペースが出来始める。家長や播戸らが千葉の守備陣の脅威となり始め、前半悩まされた千葉のサイドチェンジも橋本がSBに下がったことで上手くスペースを消していた。
千葉は、守備に下がることが多く疲れの見え始めていた新居に代えて工藤を投入。遠藤にプレッシャーをかけて主導権を握る意図だと想像したが、さほど効果的でなかったと感じた(このあたりはさすが遠藤だった)。後半22分のG大阪のゴールは、まるで前半のお返しのようだった。ボックス脇で明神がボールをかっさらい、ゴール右隅に流し込む。
千葉にもゲームを決定づける惜しいシーンがいくつかあったが、後方の選手の足が止まったのか、前線と最終ラインが間延びしてしまい連続攻撃にならない。G大阪の選手がスペースの出来た千葉陣を走り回り、その対応に追われる時間帯が続く。それでもなんとか持ちこたえていた千葉だったが、地力に勝るG大阪が終了間際の遠藤のFKで勝利を掴み取ったゲームだった。

自分が見た千葉の中ではFC東京戦は論外として、サッカーの方向性は感じられるし、評論家各氏がいうように悪いサッカーはしていない。ただ怪我人の問題はあるにせよ、失点シーンが脆すぎてこれでは絶対に試合に勝てない。
それと、残念ながらJリーグは外国人選手の決定力に大きく依存するリーグで、日本人のストライカーもその恩恵を受けていることが多い。日本がアジアレベルに留まっている最大の要因だと思うし、安易に外国人に頼って欲しくないのだが、千葉には水を運べる選手はいても、エキストラ・キッカーがいない。とくにアマル監督が理想とするサッカーとチーム編成の乖離を感じる点で、もしマグノのような選手が1人でも千葉にいたら、ここまで悪い状況に追い込まれていないと思うのだけど…。
スポンサーサイト
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 千葉・・・
Jリーグは、外国のリーグと比べればはるかにクラブ間の差が小さく、どのクラブのサポも大きな夢を見ることが出来る。期待や前評判が高かったクラブほど結果やゲーム内容の落差に失望している姿が、WC後の日本に似ている…。

甲府が連敗。狭いエリアでつなぐ意識が強すぎて、ちょっとサッカーが小さくなっているような。相手守備陣は自然とコンパクトになって守りやすく、カウンターを仕掛けやすい面がある。もう少しサイドチェンジやロングフィードを相手に意識させるとか工夫があってよいのでは?横浜F、名古屋とは対照的なサッカーで面白かったけれど…。

千葉といえば、前線からのプレッシング、ボールホルダーへの素早いフォローやフリーランニングといった走りをアクセントに、コレクティブな連動性やダイナミズムで勝負するチームだった。
でも今は、例えばマークを捨ててボックス内に次々に人が飛び出していくような流動的でリスク・チャレンジングな形が減少しているように、少なくともPSMを含めたこれまでの3試合からは相手を凌駕するほどの運動量やクオリティを感じないばかりか、走り負けている。以前は敵陣に入ると次々にスペースが出来て、ボールが面白いように動くチームだったのになぁ…。

やはり戦術的に重要な役割を担っていた柱が一挙に抜けた影響が大きいのかも。広範囲で起点となりチームの走りを引き出したハース(守備面でも相手DFとの駆け引きが秀逸で見ていて楽しかった)、スピーディなサイドチェンジやロングフィードの供給源だった阿部やクルプニ。そして後方で絶妙にバランスを取りながら、タイミングよく攻撃参加できる坂本までもが移籍してしまった。
これだけ中心選手が入れ替われば、短期間でフィットさせるのは至難の技。そしてスペシャルな選手を補強しないままシーズンに突入したので、非常に対策の立てやすいチームになってしまっている。もちろん選手に応じた戦術的アレンジを施してはいるが、未だ試行錯誤の段階で、シーズン前の懸念が現実になりつつあるようだ。

千葉のフロントは、どうしてこんなチーム編成をしたのだろう。ある程度の選手の入れ替えは必要だけど、もともと特徴的なサッカーの千葉としては変化しすぎで、必要なピースも欠けている。そもそもこれほど大きな変化を監督が望んでいたのだろうか。
せっかくクラブの伝統になりそうな形が出来始めていたのに、自ら壊して一から作り直し。ゲーム内容はともかくとして、今の状態ではしばらくは面白いサッカーが期待できそうにないのだ…。

(´-`).。oO(一度リアクションに徹するとか...柏木と菅沼がいい感じ...新潟!!!)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ちばぎんカップ(柏 2-1 千葉)
代表や怪我人で両チームとも半数近く主力が抜けていたこと、前日からの雨の影響を受けたピッチ・コンディションなどの要因があり、このゲーム内容がシーズンの成績に直結するとは思えない。でもハードワークしていたのは柏で、結果もその通りになったのかなと。

全般的に千葉のサッカーは低調だった。そんな試合でもオシムたんがいた頃はよく最後の15分で競り勝っていたが、監督が変わってからは逆の傾向にある。この試合でも集中力を欠いたプレーで後半26分に逆転されているが、ちょっといただけない。
今日は代表4人とU-22の2人を欠き、そして主力2人が移籍したとはいえ、去年から何度か走り負けているという印象を受けていた。もちろんこの試合だけで判断できないが、今後の方向性が気になるところ。

前半と後半で展開ががらっと変化したが、後半は終始柏ペースといってよかった。最前線からフランサがプレッシャーをかけると、愛媛から復帰した菅沼やF東京から移籍した阿部らが千葉の中盤を機能させない。そして後方では、新加入の古賀が頑張りロングボールを押さえる。
柏的には、しっかりした守備からリズムを作って再三千葉ゴールに迫る理想的な展開だったと想像する。欲をいえば、フランサにボールが収まっていたのだから、もう少し周囲のフォローが早ければもっと効果的な攻撃の形を作れていただろう。とはいえディエゴの移籍を忘れる出来だったし、若い選手が多い柏には自信になったのかなと。

グルノーブル 「もう1人の新日本人」(スポニチ)
これはどういうこと?

(´-`).。oO(フランサってあんなに動くタイプだったかな…w)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ それでいいのか?
どこへ行っても納豆が売り切れ。手ごろで安価な淡白源として重宝していたおいらには死活問題。
某番組でダイエット食品として取り上げられたらしいけど、そんなに効果があると思えないんだよな。自分の体型の変化を見ていると(笑)

このオフも多くの選手が動いているが、阿部が浦和に移籍した。日本ではまともにボールを蹴れる、動かし方を知っている貴重な存在で、彼の穴は簡単に埋まりそうにない。
浦和にとってはピンポイントの補強ではなかったと思うが、DFラインで使ったり、長谷部を前で使うというオプションが増える。なにより彼の展開力は魅力だろう。もし犬飼さんだったら千葉から選手を引き抜いただろうか(笑)

そして坂本が新潟へ。1対1の強さが特徴というタイプではないが、全体のバランス構築には欠かせない選手。試合の流れに応じたポジショニング能力や複数のポジションをこなせる器用さ、リーダーシップは、チームとして欠かすことのできないピース。
新潟はいい補強をしたと思う。でも千葉はサイドに守れる選手がいなくなったような…。

それにしても守備のレギュラーが一度に2人抜けると、チーム・バランスは崩壊し、一から組織を作り直すと考えるのが自然。早期に解決できないと、昨シーズンのC大阪のようになってしまう可能性もある。
そして犬サポさんたちも危機感を募らせる、度重なる生え抜き選手の流出。若い選手は先輩たちの背中を見ている。こういう悪循環をどこかで断ち切らないと、クラブは階段を登ってはいけないと思うのだけど…。

サッカーの本場欧州では、階級社会の影響からクラブ間の格差は是認されてきた。たまに話題にあがるアメリカのプロスポーツにあるサラリーキャップ等の緩和策も、サッカーが世界のスポーツである限り現実的ではない。
日本でも浦和がいち早く経済的に巨大化し、他のクラブとの差を明確にしつつある。どのクラブにもチャンスのあった団子リーグも、ここ数年で各クラブの性格が分かれてきそうな予感がするが、千葉は中堅クラブとして生きていく選択をしたように思える。

(´-`).。oO(サッカーのスタイルも変わるんだろな...)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 鹿島 0-2 千葉(ナビスコ・カップ決勝)
( ^ω^)おっおっおっ去年からは想像も出来ない熾烈なチケットの争奪戦に乗り遅れてしまい、テレビ観戦の予定だった。でもチケットが回りまわってきたので急遽国立に参戦。朝から巻ママと反町さん、もとい巻パパを見てさらに得した気分になる。入場してから代々木門あたりをうろついていたら、円陣企画なるものが。あれよあれよという間に渦の中に巻き込まれ、思いっきり参加してしまった(笑)


ところで先日りばぽのカーリング・カップ(日本のナビスコ・カップに相当するリーグ・カップ戦)1回戦を見ていたら、観客が満員。それにしてはいつもと違って大人しいスタジアムだなと思っていたら、チケットを半額ほどまでディスカウントしたとか。リーグ戦の合間をぬって平日の夜中心に開催するナビスコへの注目度は低い。日本でもそれくらい思い切ったことしれくれないかなと…。

試合の方は、決勝らしく双方とも手堅い立ち上がりから、相手の良さを消しあう展開に。鹿島がフラット気味の4-4-2で守備ブロックを構築してスペースを消せば、千葉らしくない浅い最終ラインと前線からのプレッシングで対抗する。数少ない決定機が千葉に訪れたが、お互いに主導権を握れないまま前半が終了。カウンターから羽生がシュートまでいった展開が美しかった。

千葉の守備はいつも通りのマンマーク、だけどここ数試合は高い位置でボールを奪おうとする意識がより強まっているようだ。一時期は中盤の底を減らし前線の枚数を増やしていたが、アマル監督の考えなのだろう。今日も展開によっては最終ラインが高い位置でフラット気味に構えて駆け引きをしながら、マンマークで簡単に下がりやすかった最終ラインを保とうとしていた。必然的に裏のスペースはGKがスイーパー的役割を担うことになるが、もしかしたらこのまま岡本がレギュラーを奪ってしまうのかも…。

後半に入ると鹿島が攻勢に出る。効果的な楔が入りだし、サイドを揺さぶるうちに、千葉の悪い癖であるラインが下がってバイタルぽっかり病なんてシーンも見られるようになり、鹿島にゴールの予感が漂い始める。前半の展開からして、ここで決めていればかなり勝利に近づいていたと思う。でもゴールは生まれなかった、と同時に鹿島の運動量が落ちたように感じた。

ゴールは2点ともがファインゴール。前半から何度も水野が仕掛けていたが、終盤になってようやく実を結ぶ。坂本のサイドチェンジもよかったし、シュート時にゴール前に猛然と走りこんでいた佐藤勇と巻の動きが影のアシスト。もちろん周囲のフォローあってのことだけど、彼の縦にトライするあたり前のプレーがすがすがしかった。
2点目は、水野が蹴った瞬間にキターーーッと叫んでいた(去年も幻のゴールでそんなこと書いてたなw)。試合開始から巻と阿部の絡み方に注目していたので阿部がマークをずらす瞬間がばっちりだったし、ちょうどCKの軌跡の延長にいたから。

リーグ戦で可能性のなくなってしまった両チームの対戦だったが、意地と意地のぶつかり合った熱いゲームだった。勝敗を分けたのはちょっとした運であったり決定力であったり、はたまた不在だった選手だったりするのかもしれないが、やはり千葉の方が試合全般を通してはチャレンジしていて、今日はそれがうまくはまったということなのだろう(もちろん鹿島の攻撃を抑えた守備や、復調の兆しの見えた巻と彼をフォローしていた羽生とか、個々の選手に勝因を求めだせば切りがない)。

それはマークを捨てた流動的なポジション・チェンジからの攻撃だったり、速攻から思い切って枚数をかけて数的有利を作り出してパス・コースやプレーの選択肢を増やしたり、相手をおびき出す狙いを含んだパス回しであったり(千葉はバックラインでもこれをやるからハラハラするけど)。
他にもいろんな要素をあげることができるが、サッカーの戦術、とくに守備戦術は進歩していて定石通りの攻撃で簡単に崩れる時代ではない。時には凡ミスに映ったり、あっけなく失点して負けてしまうけれど、やっぱり千葉は面白いと思うのである。

(´-`).。oO(千葉は左利きが1人もいなかった...)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。