こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 千葉 2-1 大分
玉子くん去年のベストゲームが大分vs千葉だったこと、そして大分が最近になって調子をあげているので、風邪薬をたんまり体につめ込んでまたまたフクアリへドライブ~。

鹿島と並んで有名なフクアリのスタ飯もほぼ征服したので、久しぶりに勝つサンドを食べようと思ったら、バイトの犬耳おにゃのこが…。

試合は均衡し、緊張感にあふれていた。大分(というよりシャムスカ)が、相手の良さを消すことに長けていることもあるが、この2チームが対戦するとこういう流れになりがちで、しっかりしたゲームを見たという気分になれた。

ただレフェリーが・・・。まあ厳密にはファールなんだろうけど、まるでスピード違反のネズミ捕り。立ち上がりから厳しく笛を吹いていたが、それに合わせられない選手が悪いと思えないものがある。シャムスカ大佐が前半から選手のプレーを真似ながらファールの判定に疑問を呈していたけれど、理解できない行為ではなかった。汚い印象は受けなかったし。


千葉は、阿部、坂本、佐藤勇の3人がセンター。坂本が中盤の底で梅崎をマーク、残りの2人が少し高めに位置しながら前線へ飛び出すことを意図していたように思えた。しかしチーム全体のムーブメントを作り出すきっかけになる羽生がいないためか、守備的な戦いになってしまっていた。

大分はDFラインを高めに保って千葉の走るスペースを制限しつつ、高い位置からプレッシャーをかけて、千葉に中盤を作らせない。巻へのロングフィードをきっちり抑えていたが、こちらも前線にボールが収まることが少なく攻撃は散発的だった。

相手の良さを消し合う流れで前半が終了すると、後半になってちょっとしたカウンターの打ち合いからゲームがほぐれ始める。お互いに攻撃に意識が芽生えたのか、徐々にスペースが出来始めるが、大分が数少ないチャンスをものにする。攻めるしかなくなった千葉が決定機を演出すれば、大分がその隙を突くスリリングな展開が楽しかった。

大分はいいチームだった。チーム戦術遂行力が高く、スピードにのった選手の攻め上がりや突破は見事だった。どちらに転んでもおかしくないゲームだったが、高橋、松橋、高松のシュートが一つでもゴールしていれば・・・。まだまだ経営的に苦しいようだけど、頑張って欲しいチームの一つだ。

(´-`).。oO(巻は流れ切りすぎ...久しぶりに水野にワクワクしたや...)
スポンサーサイト
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ( ̄^ ̄)うーん。。。
遅ればせながらU-17の総集編を見た。ハイライトであることを割り引いても、よく人とボールが動くサッカーだなと思っていたら、城福監督のこんなコメントを見つけた。(Number660号から要旨を抜粋)

日本のU―16年代は、身体的成長の過渡期にあり、特にサイズの不利をこうむりやすいだから、より日本の持ち味を生かさなければ、世界と戦えない、という事情もあるのだろう。U―16代表監督の城福浩も、多分にそのことを意識していた。

だから、より日本の持ち味を生かさなければ、世界と戦えない、という事情もあるのだろう。U―16代表監督の城福浩も、多分にそのことを意識していた。

「セーフティにやれ、と言えば、選手たちはできる。だけど、自分たちがリスクを冒さないと、点は取れない」

と同時に、「やり続けなければ、すぐにリスクを冒せるようにはならない」と、その難しさも痛感しているようだった。だからこそ、「ジェフのサッカーは、日本人が一番生きる」と常々考えていた城福は、オシムへの期待をこう表現した。

「このチームでもう1年7カ月やっていますけど、その意識を植え付けるためには、僕らが5年やるより、A代表が2カ月やるほうが影響は大きいでしょう」

ボスマン判決以降、移籍の自由度は飛躍的に拡大し、選手が欧州各国のリーグを行き来するようになった。ブラジル、アルゼンチンを中心に南米の選手も数多く所属している。国境を越えてビッグクラブの指揮をとる大物監督も増えてきた。

しかし各国のリーグは依然として伝統的な特色を失ってはおらず、リーグの名前を聞くだけである程度イメージできるものがる。「スピード感あふれる大きな展開のプレミア」、「組織的かつ狡猾な守備のセリエ」、「スペクタクルな攻撃サッカーのリーガ」、「芸術的なテクニックを好むリーグ・アン」、「フィジカルと組織戦術のブンデス」、「理詰めな組織サッカーのエールディビジ」などなど。

Jリーグの特色ってなんなのだろう。一見攻撃的なようで、リスクを積極的に冒さないという観点からは守備的。テクニック志向でパスサッカーと言えそうだけど、リーグの特徴と表現するには中途半端でおこがましいw。各クラブとも戦術的なサッカーをしているように思えるが、ブラジル人選手をはじめとして外国人選手が中心的な役割を担うチームが多く、彼らを生かすサッカーをしているとも言える。

日本では代表が大きな影響力を持っていることはその通りだと思う。ただ選手と同じように外国人監督が続いていて、代表のサッカーが日本に適したものだったかというと疑問は残る。自分もユースの監督と同じような理由でオシムたんの人とボールが動くムービング・サッカーには期待しているけど、本来は…。
フットボール観 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ CL2日目-2
○ りばぽ 3-2 ガラタサライ

くらあああああうちいいいいい♪グループステージ初のホーム、ゆるねばはもちろん、Fields of Anfield Road に We Won It Five Times~♪ と世界一声の出るファンが絶対に勝たなければいけない試合をチャントで後押し。昨日のセルティック・パークもよかったけれど、やっぱり Anfield っ!

いい流れでゲームに入ったと思ったら、9分にクラウチ、5分後にルイガルがイージーゴールで続く。その後もカイト・フィーバー(現地で流行っているらしい)、ジェラードらが何度も惜しいシーンを演出。そして極めつけは後半開始早々のくらあああああうちいいいいい♪のバイシクル・シュート!!!

ただホームということもあり攻撃的に試合を進めた分だけ前半から両サイドの守備が緩く(とくに左サイド)、何度も裏を狙われ2失点。モモがいなくてプレスが中途半端だったこともあるけれど、守備はかなり不安定だった。久々にジェラード、アロンソのセンターだったのに ('A`)

それにしてもジェラードはゴールマウスに嫌われすぎっ!そして期待していた稲本が体調不良で遠征メンバーから外れて(´・ω・`)

○ グループA
ブレーメン(1)     1-1 バルセロナ(4)
レフスキ・ソフィア(0) 1-3 チェルシー(6)

○ グループB
インテル(0) 0-2 バイエルン・ミュンヘン(6)
スパルタク・モスクワ(1) 1-1 スポルティング・リスボン(4)

○ グループC
ボルドー(1)  0-1 PSV(4)
リバプール(4) 3-2 ガラタサライ(1)

○ グループD
シャフタール・ドネツク(1) 2-2 オリンピアコス(1)バレンシア(6)       2-1 ローマ(3)


(´-`).。oO(メッシ...ドログバ...ブレーメン...インテル...)
欧州CL | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ CL2日目-1
○ セルティック 1-0 コペンハーゲン
風邪薬が効いていたのだろう、最初の目覚ましは役に立たず、後半からのテレビ観戦。
中村俊はすでにお疲れモードの様子だったが、それでもまずまずの出来だったのかなと。FKを決めても、現地のサイトやハイライトではその場面だけしか取り上げられないことが多いけれど、この試合では様々なシーンが記事になり、映像で流れていた。ベンフィカがホームで負けたので、少し有利になったかも。

○ アーセナル 2-0 ポルト
オールド・トラフォードのゲームが面白かったのでビデオで見た。1点入れるまではじれったかったけれど、内容的にはガナーズの完勝だったかなと。自分的にはアデバヨールの組み立ての方が好みだけど、やっぱりアンリの存在感は群を抜いていて、ああいう選手がいると楽だなと(笑)1点目の美しさにため息、はふー。

○ グループE
ステアウア・ブカレスト 0-3 リヨン
R・マドリー  5-1 ディナモ・キエフ

○ グループF
ベンフィカ  0-1 マンU
セルティック 1-0 コペンハーゲン

○ グループG
CSKAモスクワ 1-0 ハンブルガーSV
アーセナル 2-0 ポルト

○ グループH
AEKアテネ 1-1 アンデルレヒト
リール   0-0 ミラン

#メモ
福島談合事件「Jヴィレッジ」(朝日・福島)
これはなんだ?!

(´-`).。oO(リールがおしかった...)
欧州CL | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ・・・。
季節の変わりめの恒例行事と化している風邪で、先週末はほとんど布団の中で過ごしてしまう。途中で眠りに落ちたJリーグやりばぽのゲームは、かすかに記憶に残っているだけ。今週末、大分を見にフクアリに行きたいのだけど…。

どうやらオシムたんが代表監督になって、マスコミは個の力のある、華のある選手が選ばれていないことが面白くないようだ。時々刺々しい為にする批判的な意見を目にするが、監督が変われば起用される選手が変わるのはあたり前。マスコミは、ジーコ基準で選手を起用しなければ都合の悪いことでもあるのだろうか。

そもそも足元の技術に優れた選手が、個の力のある選手だとも思えない。それは個の力を構成する一要素にしか過ぎず、その技術もプレッシャーの強くなる相手ゴールに近づくと通用しないものだった。そんな選手ばかりを並べて攻守のバランスが崩壊し、ドイツであれほどまでに内容のない惨敗を喫した日本。すでに答えは出ているだろうに。

これまでマスコミが祭り上げた新鮮味のないメンバーを並べ続けていたならば、より失望感は大きくなり、代表を取り巻く環境はもっと悲惨な状況になっていたと想像するのはおいらだけ?馬鹿な記事を垂れ流す記者が、サカダイにコラムを書くこんな世の中じゃ…。

(´-`).。oO(無事CLを見ることができるかな...)
Jリーグとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 千葉 3-2 川崎(ナビスコ)
福弁(゚д゚)ウマー犬サポでもないのに時々フクアリに足を運ぶ。千葉は面白いゲームになる可能性が高く、フットボールを見たという充実感が期待できるから。それはきっと、リスクを冒せる数少ないチームで、日本人の特徴を生かしたスタイルだと感じているからなのだろう。

千葉らしいあふれ出す中盤の飛び出しから、あっという間に2点をリード。でも、わくわくする攻撃から流れを作るチームは、守りきることが苦手。前半こそ走力でなんとかゼロに抑えたが、途中からは川崎のフィジカル(正確にはphysiqueなのかなw)の優位性が次第に目立つように。
川崎は、コンパクトにして千葉の走るスペースを制限しつつ、ガツガツとしたあたりで中盤を作らせない。羽生や佐藤勇といったところが中盤で浮いたボールを拾えず、巻がほとんでポストをこなせないようでは千葉は苦しい。そしてマルコンと坂本の身長のミスマッチを積極的に狙い始めるなど、よりフィジカルを生かしていた展開を狙っていた。

すでに前半途中から川崎の流れだったが、後半になるとその傾向はより顕著になる。立ち上がりこそ試合開始直後のようにDFラインの高さ(千葉のスタイルにあまり相応しい表現ではないと思うが)と攻撃にアグレッシブさを取り戻した千葉だったが、逆に失点するともう完全に川崎ペース。ほどなく同点ゴールが決まった。
攻めているときの川崎も楽しい。積極的にアクションを起こすアタッカー陣が大小縦横に展開し、千葉のマンマークを混乱に陥れる。面白いように起点が出来て、サイドと後方からの攻め上がりが分厚い攻撃を形成し、前線の個人技も見ごたえがあった。

しかし同点に追いついたことで、微妙に流れが変わったように感じた。依然として川崎にチャンスの多いゲームだったがバランスを気にしたのだろうか、攻めるしかない状況で見せていた積極的なチャレンジを抑えたように映った。目前にあった勝利を逃したという印象だけど、それも含めて川崎らしさなのだろうか。

延長に入るとプライド、闘志、意地、執念…そんな陳腐な言葉で言い表せないものが選手の足を動かす。1万人を切る観客だったけれど、選手たちの一つ一つのプレーにスタンドが自然に反応し、歓声が響き渡る屋根付きの専用スタジアムは最高の雰囲気に。
最後は犬サポさんたちの歓喜で終わったけれど、ふろん太も一本筋の通ったスタイルで、見ごたえあるいい試合だったなと。

ファインセーブの寸前

#煽り混じりだろうけれど、某選手のレフェリー云々の記事を見たので
いくら終了間際の微妙な時間帯とはいえ、ビデオで見ると明らかにPKだったし仕方ない。見る角度によって印象が異なることを承知で書けば、前半はホーム寄り、後半以降はアウェー寄りだったかなと。前半から監督、スタッフが何度も線審を取り囲んだのが奏功したのでもあるまいが。
川崎にはもう少しプレーすることを意識して欲しいなと。ガツガツあたるスタイルは否定しないし、激しさの欠ける日本に一石を投じていると思う。しかし例えば、競り合いで露骨に手を使うことなんかは、外国では技術のない選手のプレーだとか、卑怯だとか評価されかれない。激しさと汚ないプレーの境界線を引き上げることが必要かと。
そしてマスコミは、接触プレーの多い競技で必要以上に煽ることの危険性を認識すべき。サッカーはショーではないのだから。

#アウェーゴール・ルールについて
ナビスコでは、延長のゴールにアウェーゴールルールが適用されないらしい。大会規定を読んでもそのようだ。
ヨーロッパ的な考え方だと2戦目ホームチームがかなり有利だと思うのだけど、日本はホームとアウェーで戦い方を変えられるチームがないからいいのかな(笑)日本には守備の文化がないことに通じるものがあるのだろう...。

#メモ
2005年度(平成17年度)Jクラブ経営開示情報(Jリーグ公式PDF)
Jリーグを見殺しにしていいのか(日経)
日本人だけがわからないマリーシアの意味(WSP)

(´-`).。oO(シャツが薄いブルーなので南側にいったら決勝点...)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ りばぽ0-1チェルシー
アウェーながら互角以上の内容で、おいらの予想とはまったく逆の展開に。ほんと負けた気がしないや(笑)

チェルシーの立ち上がりのムーブメントをやりすごすと、流れはりばぽへ。低い位置に構えたチェルシーのカウンターは依然として脅威だったが、カイト、ベラミーらの新戦力がスピーディな動きで相手ゴールを脅かす。りばぽはうまくゲームに入っていたが…。

チームの骨格が変わりつつあるチェルシーは、明らかに組織的にも戦術的にも熟成途上だった。まあ同じことはそこそこ補強が出来てメンバーが変わったりばぽにも言えることだけど、細かいプレーの精度の面でまだまだと感じた。ただチェルシーの集中力というかゴールを割らせないという執念は凄まじく、ドログバとツェフのプレーにはただただ脱帽だった。

りばぽは、この試合内容なら悪くても引き分けに持ち込まないと。バラックの退場で相手が1人少なくなってからの攻撃姿勢…。確かに前半からよくパスが回り決定機を作っていたが、残り30分くらいからイライラ。バランスを重視し、リスクを最小限に抑えるのがラファかもしれないが、このゲームの持つ意味を考えると…。

そしてジェラードの左サイドは微妙だった。ゲーム途中からクロスより、ゴール前に顔を出してシュートを狙っているように思えたが、サイド攻撃が右のペナントに偏ることになった一因だと感じた。

ラファは、きっとこれからもいろんなフォーメーションを試すことだろう。新戦力が完全にフィットするには、まだまだ時間がかかりそうだ。。。

Chelsea 1-0 Liverpool(BBC)

アーセナルがマンUに勝った。内容の濃い好ゲームで、結果の分かってしまったU-17をほったらかしてのめり込む(ビデオで見たU-17もいいチームだった!)。オールド・トラフォードのファンを見ていると、ナショナル・ダービーが待ち遠しい。

Jリーグは3試合を見た。ハイテンポでチャレンジングなプレミアのゲームと比べると少々物足りないものはあるが、少しずつオシムたん効果が出ているように感じた。ファンが日本人らしい特徴が楽しめるリーグになった時、たとえ負けても賞賛される代表になれそうな気がする。
甲府∩( ^ω^)∩ばんじゃーい
Liverpool | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ CL第1日目-2
○ マンU 3-2 セルティック

前日の稲本に続きCLの大舞台に中村俊が出場。相手はプレミア4連勝と波にのるマンU、しかもオールド・トラフォード。戦前の予想通り運動量とパススピードに勝るマンUがゲームを支配、大差がついてもおかしくない内容だったが、中村のFK!で追いつき、ボルツの攻守でなんとか持ちこたえる。英国紙各紙にもセルティックの健闘を称える記事が並んていた。

それで中村。日本人選手がゴールを決めた喜びと、もう少し出来るだろという叱咤激励に近い気分が交錯する(笑)。普段あまりセルティックを見ていないが、このチームはマロニーが仕掛けるタイプで、中村とバランスを取っている面があると見ている。で、そのマロニーが怪我で途中出場だったのだから、もっとアグレッシブな動きを期待していた。

中村は自分より前に選手がいる時に能力を発揮する選手。でも、自分もボールの前でプレーすることを意識すれば、プレーに幅が出てくるし、相手にとって脅威の存在になれる。もしこの試合にマンUのC・ロナウドとパク・チソンが出場していれば、オフェンシブな役割を担うMFとして中村との違いが鮮明になっていたかもしれない。

終了間際に見せた大きなサイドチェンジからゴール前に顔を出したプレーは素晴らしかった。ああいうアイデアと具体的に局面を打開していくテクニックを持っているのに、もったいね ('A`)・・・

○ グループE
ディナモ・キエフ 1-4 ステアウア・ブカレスト
リヨン      2-0 レアル・マドリード

○ グループF
マンU     3-2 セルティック
コペンハーゲン 0-0 ベンフィカ

○ グループG
ポルト 0-0 CSKAモスクワ
HSV 1-2 アーセナル

○ グループH
アンデルレヒト 1-1 リール
ミラン     3-0 AEKアテネ


(´-`).。oO(今日もまあ順当な1日だった...)
欧州CL | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ CL第1日-1
○ PSV 0-0 りばぽ

いかにもラファらしいアウェー・ゲームだったなぁ。ダービーで露呈したディフェンス面の脆さは修正してきたが、守備的にすぎて後方からのフォローが少なくゴールの匂いが漂わない。この戦い方で確実に勝ちきれればよいが、CLではそこまで甘くはなかったのかなと(笑)
ジェラードでさえローテンションの対象になっていることに驚いたが、週末のチェルシー戦を控えて戦力を温存しつつ、きっちり勝ち点1を持ち帰ってきたことということだと理解し、満足しておこう。

他の試合はまだダイジェストしか見ていないが、ほぼ順当な結果に終わった印象。バルサは華麗に舞い、リーグ戦でもたついているチェルシーも難敵を降して無難なスタートをきった。そして稲本がCLにデビューし、お守りエンテスは見事なハットトリック!インテル…(´・ω・`)

○ グループA
チェルシー 2-0 ブレーメン
バルセロナ 5-0 レフスキ・ソフィア

○ グループB
バイエルン 4-0 スパルタク・モスクワ
スポルティング・リスボン 1-0 インテル

○ グループC
ガラタサライ 0-0 ボルドー
PSV    0-0 リバプール

○ グループD
オリンピアコス 2-4 バレンシア
ローマ     4-0 シャフタール・ドネツク


(´-`).。oO(中村俊はマンU相手にどんなプレーを...)
欧州CL | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ( ̄^ ̄)ふーむ。。。
家本主審を再研修 疑問判定続き異例の措置(スポナビ)

今年2回ほどJFLのチームの試合を見た。1試合目のレフェリーは、ちょっとした接触プレーでゲームを止めていた。Jリーグ同様に過度に神経質な笛で、世界で戦える選手が育つのだろうかという疑問が湧き、そしてこういうレフェリーがステップアップしていくのだろうかという暗澹たる気持ちになった。

2試合目はWC後だったためか、レフェリーは極力ファールを流そうとしていたが、相手チームからはカードが出ないことを逆手にとるようなプレーが繰り返されるようになった。そしてスタッフだけでなく、やがてスタンドから「サッカーを見に来ているんだぞっ」という野次が飛び始め、このゲームも観戦者の立場からすると面白くないものになってしまった。

Jリーグのレフェリー(日本に限ってはアンパイアや審判という呼称が相応しい気がするw)も、ゲームをコントロールするという点においては決してレベルが高いとは言えないし、ファールの見極めについてはまだまだ世界でも異質な笛を吹いているとの指摘は多い。今回の件を個人の問題として矮小化することなく、レフェリー全体のレベルアップを図る必要性を認識して欲しいなと。

そして選手は、サッカーをプレーすることをもっと意識するべき。ファールやカードの多いチームが勝利しても愉快ではないし、プレー自体で魅せてくれないとスタジアムへの足も遠のくというもの。ほんと日本のファンは、ファールに対して寛容だと思う…。
制度やルールとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ダービーだらけ
○ マージーサイド・ダービー
もうりばぽ…。ちょっとどうかと思うような内容で、出来不出来の落差が大きなシーズンになりそうな悪寒が早くもしてきましたよ。激しいダービーになりがちなので、新加入選手よりもカラガーやリーセの起用を優先したのだろうか。2人とも万全の状態だったようには見えなかったけれど…。

○ 神奈川ダービー
ふろん太は、先に得点すると定跡通りのカウンター狙い。横浜Mがさほど崩せるチームではないので、ゲームへの興味が早々に薄れてしまった。ふろん太の中村、谷口なんかはリアクション・サッカーでより生きる選手だと思うが、オシムたんはどう評価しているのだろう。

○ 大阪ダービー
さほど熱心に見ていなかったが、ダービーらしさを感じた試合だった。C大阪は目指す形がはっきりしてきたようだけど、結局は力負け。長居でのダービー敗戦後に一気に崩れた印象があるが、今回はどうなんだろう。G大阪のユースはいいなあ…。

○ ダービーじゃないけど千葉
A3のウルサン戦のような姿が見る影も無い。チームのコンセプトそのものを変えようとしている?とさえ感じた。ゴールの可能性がなくてもシュートで攻撃を終わらせて、きっちり守備ブロックを構築すれば、今の千葉は怖くない。それにしても清水から強さを感じるようになってきた。あのシーンはありえない…。

甲府∩( ^ω^)∩ばんじゃーい
Jとかのマッチ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 日本 1-0 イエメン
オシムたんが代表監督になり4試合が終わった。以前に比べてチームとしてしっかりとしたサッカーをしているが、まだまだオシムたんの意図する姿とは言いがたい。チーム作りの初期段階かつまともな練習時間も与えられない状況下では、仕方ないことだけど…。
とはいえ、ピッチの至る所でプレッシャーをかけ続ける守備戦術や、スペースや数的優位などを意識した攻撃面の特徴が、ようやく浸透する兆しを見せ始めてきた。そしてメンタル面で以前の代表より強いもの感じることが出来たことは、心強い材料かなと。

ただ世代交代は想像以上に大変なようだ。幸い日本では重要なテーマとなってこなかったが、たとえサッカー強国であっても時の経過につれそれなりに浮き沈みはある。まして中堅国では、世代交代の失敗が原因で低迷を始める国さえ。
オシムたんが起用している選手はみな経験が浅いが、Jリーグでのパフォーマンスを評価されて選出された選手たち。しかし彼らの力が発揮、表現されたゲーム内容かというと少々疑問が残る。
自分が考えている以上に各国の力は接近しているのだろうが、4年後と日本サッカーの将来を見据えてじっくり取り組んで欲しいと願う。

イエメン戦後 オシム監督会見(スポナビ)
深夜のサウジ戦は3.1%、イエメン戦は16.2%

○ これまでの4試合で、気になった選手について少しだけ。

おそらくは時間的な制約のためだろう、これまでオシムたんはJでのユニットを重視してきたようだ。予選を通過したのでこれから徐々に新しい選手が試されていくと思うけれど、年内はまとまった練習時間がとれそうにないんだよな ('A`)

闘莉王はDFの中心になれる資質を持っている選手だということが確認できた。ただ日本にはライバルとなる選手が少なく、競争がないことが淋しい。彼のような選手が中盤の底に入るくらい層が厚くなれば、きっと日本も…と無いものねだりw

阿部は、しばらくは相手に合わせて中盤の底とDFラインをいったりきたりする役割を担うのだろう。しかしオシムたんのチームが機能するためには、FWに楔のパスを打ち込めて、前線の深い位置にまで顔を出せるディフェンシブの存在は不可欠だと思う。

鈴木啓はいかにもオシムたん好み。もう少しサイズが欲しいけれど、体幹がしっかりしているのかバランスは悪くない。中盤の底1枚も無難にこなしていたが激戦区、阿部ともにこれからの使い方が興味深い。

遠藤は、Jでは積極的にシュートを打っているが、代表になるとバランスを取ることを優先しすぎているように思える。守備の意識の高さと攻撃に流れを作れることを評価されていると思うが、このチームでの役割はそれだけではないと思う。

加地についても同じ感想。ジーコ時代のことは忘れて、もっとリスクを冒す意識を持って欲しい。単に縦へ突破しクロスを上げるだけでなく、シュートまで求められているはず。動きの質が評価されていると思うが、決してポジションは安泰ではないですよっと。

羽生は、中盤でボールをさばきつつ、スペースに走ったり、ゴール前に顔を出したり、守備までこなすMF。ジーコはこのタイプの選手を重用しなかったけれど、技術があると言われる選手たちがこういう能力を身につければ、すぐ呼ばれるだろうにと思う。

サントスは、エクストラキッカーという位置づけだと思う(その割りにくだらないボールロストが多いけどw)。でもこのチームでは、人を使うだけでなく、使われることも意識して欲しいところ。そして高い位置でボールを奪う能力。

今の巻には魅力を感じない。バイタル付近で楔になるとか、サイドに流れて後方の選手が追い越すスペースを作るとか、連携の問題はあるにしても動きに精彩を欠いているように感じる。下手なのは仕方ないけどw、期待されている役割を果たせているだろうか…。

( ^ω^)我那覇よかったな!短い時間だったけど梅崎おめ!大分サポもおめ!
日本代表全般 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ サウジ戦のインタブー
オシムたんのサッカーについて聞かれたら、「人とボールが動くムービング・サッカー」と答えることにしている。
でも、ほとんどの人からは「ふーん?」という反応しか返ってこない。これまでの3試合では、その片鱗しか見せていないから、それも仕方ないのかなと。
それで、地上波でも中継していた「今年の千葉vs浦和@フクアリは見た?」とか「WCのチェコ(アメリカ戦)みたいなやつ」と説明しても反応は鈍い。
これが現実なのだと思いつつ、やっぱり淋しいのだ(´・ω・`)

それでオシムたんのインタビュー記事を読んだけど、千葉のときより詳細な受け答えをしている。ほとんど試合内容について語らなかった前任者と違ってわかりやすい。
独特の言い回しが醸しだす語録的色彩が薄れてきたのは残念だけど、新しいサッカーの楽しみ方を発見できる人がいるかもしれない。もちろん、次の試合で課題をクリアしてくることの方が大切だけど(笑)

■ サウジアラビア戦後 オシム監督会見(スポナビ)

オシムたんは「全体的な内容は悪くなかった」と言っている。確かにアグレッシブにプレーしていたし、チャンスをものにしていれば勝敗はどちらに転んだか分からない。でもカウンター戦術をしかけたサウジアラビアの術中に嵌まったとも言える(サウジの監督の発言は知らないけど)。
だからこの試合についての自分の見方は、五分と五分。「悪くなかった」ことは同意するが、目指しているサッカーとは程遠いと感じているので、決して満足できる内容ではなかったなと。

オシムたんは「中盤により問題があった」と発言しているが、その点は同意。2列目に守備意識の高い遠藤を置くことでサントスとバランスを保っていると想像しているが、二人ともがシャドータイプではない。
そして阿部が最終ラインに入ったので、2列目以降の飛び出しが極端に少なく、縦の関係でのポジションチェンジが少ない。そのことが攻撃を単調なものにしてしまった要因の一つではないかと。
起用される選手の特徴の問題であり、選手起用そのものの問題でもあると思うが、左利きで攻守にバランスよく、そして飛び出せるオフェンシブとなると…。

そしてオシムたんは選手のことを気遣ったのか、全般的に回りくどい言い回しをしているが、どういう選手を必要としているかいっぱいヒントが出ていると思う。
「一種のオートマティズム」、「ネガティブなオートマティズム」、「先を読むことに慣れていない選手」、「背の高い、しっかりしたボールさばきができるストッパー」「すぐにプレーできなくても、控えでいつでも準備ができている」「誰がいないのかな?と味方のことを考えるのではなく、対戦相手のことを考える」などなど。

Jリーグを見ていると「どうしてそこでそのプレーを選択する!?」と、ため息をつくことが多い。そしてオシムたんはスピードを重視しているが、日本人は流れの中でのプレーになると、テクニックが発揮できなくなったり、判断力が落ちてしまう。
これらは日本人のサッカー観や所属チームの戦術や選手個人のセンスの問題であり、代表監督が代わったからといって簡単に解決できるものでもない。

オシムたんの望むサッカーを実現するには、相当時間がかかりそうな気がしてきましたよと。
オシムたん | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 日本 0-1 サウジアラビア
それにしても酷い中継だった。DFラインと中盤のポジション修正を把握していたのは野口さんだけだし、各局面での効果的な崩し方などのアイデアが提示できない。
オシムたんが指揮していた千葉に注目していなかった人間が、「オシムの言葉」のキーワードを頼りに中継していることがバレバレ。今日のテレ東に限らず、解説者がていたらくでは、いつまで経っても日本のサッカーのレベルが上がりませんよと。

この試合でも多くの時間、3-5-2に近い形で戦っていた。最終ラインは2DF+阿部の実質3バック。そして最終ラインから1列上がった両サイドが開いており、中盤の底は鈴木啓1枚。
もちろん守備の局面では、状況に応じて2列目の二人が前からプレスをかけたり、中盤の底まで下がってくる。しかし前線からのフォローや両サイドの中央への絞りが遅れると、途端にバイタル付近が脆くなってしまう。
失点シーンはボールの失い方も悪かったが、このあたりの弱点を突かれた。試合全般を通しては、サウジの攻撃にまずまず対処できていたが、不慣れなシステムへの対応力が試されているように感じた。

不満は、やはり攻撃面。早く攻めるべき局面で簡単にスローダウンしてしまうし、周囲のフォローが十分でないためにプレッシャーを受けてしまっている。これでは散発的に決定機は訪れても、分厚い攻撃にならない。
素早い攻守の切り替え、流動的なポジションチェンジ、ボールを引き出す動きなどなど言葉にすることは簡単。でも、必要なことが頭では理解できていても、まだ身体に染み付いていない、チームとして実行できない段階なのかなと。
オシムたんの練習を通して、状況判断やプレッシャー下でパスをつなぐ感覚などは磨かれつつあるはず。もっと自分のプレーに責任を持って、チャレンジして欲しい。きっとオシムたんもそれを望んでいる(と思う…)。

まあサウジは決して弱い相手ではなかった。試合そのものは五分と五分だと感じたが、ゴールへ向かう手段と決定力の差が勝敗を分けた格好になってしまったのかなと。
でもねぇ、やっぱり内容的には物足りない。オシムたんが目指すムービング・サッカーを実現するには、現在のJリーグの各チームの状況や日本人選手のプレー内容だと、ある程度の時間が必要になるのだろうか…。

(´-`).。oO(もし対戦順が逆ならもう少し新しい井戸を掘っただろうか...)
代表マッチ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME |
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。