こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ お金の話2つ
★ マンU決算レポート

BBCにマンUの2006年6月期決算レポートが出ていたが、予想通りクラブが買収資金を肩代わりするアメリカ型のレバレッジ・ファイナンスになっていた。それはともかくとして、りばぽの参考になるかもしれないのでメモ、メモ。Manchester United's profits flat(BBC)

     マンU決算リポート
         06/2006  06/2005
Turnover      165.4  157.2
Operating Profit   49.7   46.1
Profit before tax  30.8   10.8
borrowing       660    580


単位は百万ポンド、06/2005期は11ヶ月決算
CLグループリーグ敗退が2.8Mの減収要因
ミケル売却益12Mが Profit before taxに貢献
買収資金(買収額790M)の大半はクラブによってリファイナンスされている

今後の見込み
2006年6月、AIGと4年、56.5Mの大型スポンサー契約
プレミアのテレビ放映権料(07-10年、1.7B、65%増)の分配金
スタジアムのキャパシティが68千人から76千人に増加(将来的には96千人まで拡張)
シーズンチケット64千席、ウェイティング10千席以上

★ 少しスケールは小さくなるが日本のお話し

浦和と3年契約を結んだ阿部の移籍金は、推定約4億円だとか。
おそらくは移籍金上限額が支払われたのだろう。移籍係数から推定すると年俸は7千万前後となり、3年契約(浦和は償却期間を考慮したはず)で総額約6億円。1年あたり2億円で、日本国内ではかつてない巨額ディールが完成した。

ところでACLを戦うという浦和サイドのチーム事情がなければ、阿部はこれほどの評価を受けただろうか。自分は以前から阿部ひいきだけど、もし欧州のクラブに移籍していれば千葉は僅かな金額しか受け取れなかっただろう。
そもそも浦和に外国人A契約枠の問題がなければ、例えば南米から安価で選手を引っ張ってきたかもしれない。移籍金規定が原因で、日本人選手の獲得コストが割高になっている面は否定できない。
そして阿部にとっても、巨額の移籍金が原因で年俸が削られたことだろう。

もともと日本の移籍金規定は国内クラブ間の移籍を想定したもので、海外移籍を考慮していないとの批判がある。
中田浩のケースでは欧州の取引慣行への対応を怠った鹿島が僅かな移籍金しか受け取れなかったし、今回の梅崎の件では大分がユースから育ててきた卵の対応に苦慮している(大分と契約後にレンタルで決着しそうだが)。

創成期のクラブ経営を保護するために制定されたこの規定、プロサッカーの歴史が浅い日本ではまだまだ必要なのかもしれないが、必ずしも選手にとって有利なものではないし、ローカルルールの側面が強すぎるんだよな…。

(´-`).。oO(プラティニになってどう変わるんだろ...)
スポンサーサイト
ごちゃまぜ | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 落胆と期待
モビリティ、運動量、フィジカル、球際の強さ、アイデア、ダイレクトプレー、ボールを奪う意識、個人の守備力、チームでの緻密な守備、ハードワークなどなど。
ドイツWCのテクニカルレポートやフットボールカンファレンスで列挙された言葉は、長きにわたって聞き慣れたものばかり。世界の趨勢から乗り遅れた日本の姿が浮かび上がる。事後分析も大切だけど、今さら常識的な言葉を並べるよりは、世界を目指すための具体的な戦略を聞きたいのだけど…。

自分が好感をもっているクラブの一つが広島。決して経済的に恵まれているとはいえないクラブは、個の差を埋めるべく欧州風味の戦術的なサッカーを志向し、全寮制で一貫した指導、育成するユース部門やコーチ、監督等の指導者輩出にも定評がある。
東洋工業の時代からそんな広島の礎を築き、広島の総監督、日本協会の強化委員なども歴任した今西さんが、岐阜FCのGMに就任していた。サッカー協会の技術委員長就任を固辞し、現場に近いポジションで手腕を発揮してきた今西さんは、日本ではGMの草分け的存在ともいえる存在で、大分や愛媛にも影響を与えた人。新たな挑戦が楽しみだ。

(´-`).。oO(現場で実績を残してきた人の声が小さいような...)
Jリーグとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ りばぽ 2-0 チェルシー
ほんと、今回の風邪はしつこい。ウィルスが完全に死んでしまう前に医者からもらった抗生物質が切れてしまい、今頃になってまた再発の兆候が。疲れで体力、免疫力が低下しているのか、それとも別の菌があばれだしたのだろうか… ('A`)

何試合もクリーンシートを続けたかと思えば、ブラックバーンに取りこぼしたり、カップ戦ではガナーズ相手に低調な試合で敗退したりといまいち安定感のないりばぽ。上位相手にアウェーを全て落としたこともあり、すでにトップを走るマンUとは勝ち点14差がつき、チェルシーとも8差。でもこの日の Anfield は熱かった、とてつもなく熱かった!

無難にスタートしたのかなと見ていたなんと開始早々の3分、カラガーからのロングボールをクラウチがフリックオンでつなぎ、カイトが絶妙のトラップからゴール!!!お世辞にも美しいとはいえないが、3ヶ月ぶりに復帰したツェフもただ見送るだけ!
流れをつかんだりばぽはリーセ、カイトがチェルシーのゴールを脅かす(試合終了までこの2人は効いていたなぁ)。このゲーム、おいらが個人的にクエスチョンなペナント、アウレリオが同時に起用されてガクブルだったけれど、そのペナントが前半17分に移籍後初となるファイン・ゴールで続いた!

直後に早くもモウリーニョがサブの選手にアップの指示を出す姿が映る。ほどなくロッベンがアウトしたが、その後アロンソが出血でピッチを離れている間にゲームの流れが変わったことを考えると、ここで脅威が一つ減ったのは大きかったのかもしれない。

後半になってもチェルシーの攻勢を受け止めながら、カウンターを狙うという展開に変化はなかったが、よりゴールに近づいていたのはりばぽ。カイト、クラウチ、リーセと惜しいシーンを幾度も演出する。とくにカイトはキレキレでチェルシーのDF陣をかき回し続けていた。

チェルシーは怪我人の関係でエシアンがCBに下がり、マケレレがカード累積などフルメンバーでなかったこともあるが、やっぱり今シーズンのチェルシーからは圧倒的な強さを感じない。バラックとシェフチェンコは未だ完全にフィットしていると思えないし、この試合ではSWPも効いていたとは言えず、全般的に攻撃が単調な印象を受けた。ドログバだけは最後まで怖かったけど、カラガー Good Job!

りばぽが早い時間からゲームをコントロールしようとしたため、ホームとしては少々物足りないゲームになった印象はあるが、先制したりばぽは強かった。決定機を逃し続けたのはいただけなかったが、力関係を考慮すれば完勝といってよい内容。悪いゲームではなかったのにドログバのスーパーな一発で落としたアウェーの借りをきっちりお返し。

ラファはプレミア100試合めを勝利で飾るとともに、リーグ戦ではモウリーニョに初勝利!最近は今ひとつ不完全燃焼が続いていたKOPも燃えに燃え、この日は世界一といわれる Anfiled そのものだった!

Liverpool 2-0 Chelsea(BBC)
Liverpool | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ Team of the Year 2006
ファン投票によるUEFAの2006年ベストイレブンが発表された。(UEFA)
WCイヤーだけあって例年と少し違った傾向がうかがえる部分も。ジェラード、エトーは2年連続。ロナウジーニョは3年連続だけどWCがあれだったからなぁ(笑)
去年は投票内容を書き残さなかったけど答え合わせ。

ブッフォン (ユベントス) → CL、WCの活躍を評価してレーマンに入れた
ザンブロッタ (バルセロナ) → 好みの選手なので毎年投票してる
カンナバーロ (R・マドリー) → WCをパフォーマンスを評価して迷わず入れた
プジョル (バルセロナ) → テリーの安定感に投票したけどやっぱりという感じw
ラーム (バイエルン) → WCの活躍が印象的だったので投票したけど正直びっくり
ジェラード (リバプール) → この人に投票するのはりばぽファンのモラルなのだ
セスク (アーセナル) → ここはピルロじゃないのかなぁ…
カカ (ミラン) → カカ、デコの組み合わせで投票したかったんだけどな
ロナウジーニョ (バルセロナ) → グルーピングの関係で投票したけど…
アンリ (アーセナル) → ドログバに入れたけど残念
エトー (バルセロナ) → 文句なし
ライカールト (バルセロナ) → ドイツの変貌振りを評価してクリンスマンに入れた

さて今日のチェルシー戦はどんなゲームになるのやら。。。

(´-`).。oO(某番組の納豆データは捏造だったか...)
欧州フットボール | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ それでいいのか?
どこへ行っても納豆が売り切れ。手ごろで安価な淡白源として重宝していたおいらには死活問題。
某番組でダイエット食品として取り上げられたらしいけど、そんなに効果があると思えないんだよな。自分の体型の変化を見ていると(笑)

このオフも多くの選手が動いているが、阿部が浦和に移籍した。日本ではまともにボールを蹴れる、動かし方を知っている貴重な存在で、彼の穴は簡単に埋まりそうにない。
浦和にとってはピンポイントの補強ではなかったと思うが、DFラインで使ったり、長谷部を前で使うというオプションが増える。なにより彼の展開力は魅力だろう。もし犬飼さんだったら千葉から選手を引き抜いただろうか(笑)

そして坂本が新潟へ。1対1の強さが特徴というタイプではないが、全体のバランス構築には欠かせない選手。試合の流れに応じたポジショニング能力や複数のポジションをこなせる器用さ、リーダーシップは、チームとして欠かすことのできないピース。
新潟はいい補強をしたと思う。でも千葉はサイドに守れる選手がいなくなったような…。

それにしても守備のレギュラーが一度に2人抜けると、チーム・バランスは崩壊し、一から組織を作り直すと考えるのが自然。早期に解決できないと、昨シーズンのC大阪のようになってしまう可能性もある。
そして犬サポさんたちも危機感を募らせる、度重なる生え抜き選手の流出。若い選手は先輩たちの背中を見ている。こういう悪循環をどこかで断ち切らないと、クラブは階段を登ってはいけないと思うのだけど…。

サッカーの本場欧州では、階級社会の影響からクラブ間の格差は是認されてきた。たまに話題にあがるアメリカのプロスポーツにあるサラリーキャップ等の緩和策も、サッカーが世界のスポーツである限り現実的ではない。
日本でも浦和がいち早く経済的に巨大化し、他のクラブとの差を明確にしつつある。どのクラブにもチャンスのあった団子リーグも、ここ数年で各クラブの性格が分かれてきそうな予感がするが、千葉は中堅クラブとして生きていく選択をしたように思える。

(´-`).。oO(サッカーのスタイルも変わるんだろな...)
千葉 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 長かった一週間
今回の風邪はほんと強烈だった。いきなり悪寒がきたかとおもったら次の瞬間には40度を超える熱。幸い連休最終日だったので翌朝には近くの病院へ駆け込めたけど、気管支炎を併発したらしく今も咳苦しい。教訓は、潜伏期間中の関節痛を筋肉痛を勘違いしたこと。日頃の運動不足が恨めしい(笑)

楽しみにしていたガナーズ戦はどちらも生で見ることが出来なかったが、それでよかったのかも。FAカップはまだ最後まで見たけれど、カーリングカップは前半だけでやめてしまった。メンバーの落とし方ってものがあるだろと。さすがに現地フォーラムでもラファへの不満の声が大きくなってきたようだ。

(´-`).。oO(ホットカルピスが解熱剤代わりだったや...)
ひとりごと | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ きちんと見ていない
かなり強烈な風邪、こりゃ明日はだめかもわからんね。

なので高校サッカーの決勝は、ぼーっと見てただけ。クラブ・ユースに人材が流れがちな昨今、技術的にやや物足りないものはあるが、両チームともしっかりとした戦術的なサッカーを展開できていたと思う。それだけサッカーというスポーツを理解しているのだけど、なぜか日本人の若手はここから伸び悩んでしまう。勝敗を分けたのは、盛岡商の前線が相手DFと中盤の底に終始プレッシャーをかけ続けて、作陽に効果的なビルドアップを許さなかったことかな。とにかく岩手県勢の初優勝、おめでとう。

風邪ひき者に残り物のカレーは辛いや… ('A`)
ユースとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 先入観?
調理時間90分、久々に会心のチキン・カレーが出来た。
でも、これでしばらくはカレー漬け。そして余った材料が心配だ ('A`)

強豪高が次々と姿を消す今年の高校サッカー。楽しみにしていたのに第1試合の途中からお昼寝。千葉と鹿児島の決勝を予想していたので、結果を聞いたときはびっくり。
八千代はスタイル的に天候に恵まれなかったのだろうか。まあそれも実力だから仕方ないが、ハードなスケジュールだけはもう少しなんとかならないものかと…。

昨シーズンの開幕前、レフェリングについてこんなことが言われていた。(J's GOAL)
●小幡真一郎 JFA審判チーフインストラクター
「モットラム氏の後を受け、彼の考え方を引き継ぎ、あるいは見直し、付け足し、世界を目指せるレフェリーを指導育成していきたいと思います。
具体的には、判定基準の確立、審判の任務と職権の確立を保ちつつ、選手やチーム関係者、試合に関わる方々とコミュニケーションをとって、進むべき方向を考えていこうと思います。
目指すところは3つあって、
1.スピーディーなサッカー
2.フェアなサッカー
3.タフなサッカー
これをレフェリーとともに目指していきたい。
1.は、遅延行為やFKの妨害行為などを少なくすること、2.は相手を傷つけるようなプレー、執拗な意義を少なくすること、そして世界と戦う上でもっとも必要だと思う3.は、少々の接触プレーがあってもプレーを続けること、ゴールを目指すプレーを増やしたいということです。レフェリーだけでは難しい面もあると思いますが、アドバンテージの適用などを確認しつつ多くのゴールを生み出せるように考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします」

レフェリングの方向感は正しい。でも現実は…、ピッピ、ピッピと笛が鳴り(1試合あたりファールは前年比0.6個の減少に留まる)、警告、退場ともリーグ全体では微増。ゲームをコントロールできていない試合も依然として多かったように思う。
激しくても正当なチャージであれば笛は鳴らないはずなのに、時にはカードさえ出てしまう。そればかりか「少々の接触プレー」が拡大解釈されて意図的なファールが見逃され、そういう傾向を利用した手癖の悪いチームが得をしているような…。

(´-`).。oO(メータがVPOのニューイヤー・コンサートの指揮者か...)
制度やルールとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ぐうたらな年末年始
ユッキーの笑顔に癒されたり、溜まっていたビデオを見たり、ネット配信されている動画をあさったり。サッカー以外にも、懐かしアニメで笑いこけたりもした。光ファイバーは偉大だったのだ(笑)

りばぽは相変わらずピリッとしない。というか、相手次第で内容が不安定になってしまう。それでも他クラブのもたつき、自チームの守備の安定、直接対決でボルトンを叩いたことでなんとか3位まで浮上してきた。今週末からのガナーズとカップ戦の連戦(2試合ともホーム)で真価を問われそうだ。それにしてもクラウチは不思議なFWだ…。

お正月早々、オシムたんのインタビュー番組があった。ヨーロッパ的なサッカー観にオシム流のスパイスをきかせつつ、日本というよりはサッカーというスポーツそのものについて語っていたように感じた。こういったベーシックな考え方が広く一般のファンに浸透することが今の日本には重要なのに、これからも日本の協会やマスコミの姿勢は変わらないのだろうな…。

某深夜番組では、若手解説者たちが日本サッカーの弱点をしっかりと分析し、指摘していた。しっかりとした強化のビジョンを持った人もいた。でも一部解説者の言動には失望。サッカー観は違って当然だけど、もう考え方が固定してしまって、サッカーの進歩についていけてないのかも。挙句の果てには、事実の捻じ曲げや中傷とか、あんな年寄りにはなりたくない…。

前年優勝の野洲が敗退した。意外な大差になったのは、八千代に試合展開がはまったのと、一発勝負のトーナメント方式の影響で、それほど力の差は感じなかった。
野洲は中央に拘りすぎた印象、スピーディにサイドを使えば面白いという局面がいくつもあった。それは野洲らしさに通じる部分なのだろうが、少々バランスが悪かったかも。それとこの1試合を見る限りでは、去年より特定の選手に頼るチームで、対策を立てやすいチームだったような。
八千代は先制してから引き気味にカウンターを狙うが、はっきりと野洲ペースになっていた。後半に入ると高い位置からボールの出どころにプレッシャーをかけることで、1、2回戦時の姿を取り戻す。リードしてからは選手のスタミナやペース配分考えて、コントロールしていたのだろうか?相手関係や戦況次第で変化がつけられる懐の深いチームということになるが…、次の試合が少し楽しみになった。
ひとりごと | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 天皇杯決勝をみて
ガキの使いを見ていたはずなのに、新年はとっくに明けていた。さえない1年になりそうな悪寒がする元旦(笑)

J1でも面白い存在になれるほど攻守にしっかりした形がありながらJ2で苦労している札幌が健闘したこともあるが、今年の天皇杯はベスト8あたりから熱い試合が多かった印象。カップ戦らしいといえばそれまでだけど…。
高校サッカーが始まっているが、これまで去年の野洲のようなクリエイティブかつアグレッシブなチームに出会っていない。若いときからなんか小さくまとまっている感じで、同じカップ戦なのにこちらは一発勝負ならではの悲愴と弊害を強く感じてしまう…。

それで今年の天皇杯決勝は、リーグチャンピオンの浦和がG大阪に1-0で勝利。リーグ戦と合わせて2冠を達成した。といってもG大阪に圧倒的にゲームを支配される試合展開で、G大阪のクオリティの高さがよく表現された試合でもあった。
浦和はワシントン、闘莉王の重要性が改めて問われることになったが、自分的には、ワシントンがいない時の方が面白く感じるし、苦しみながらも優勝した。磐田、鹿島戦なんかは、ほんの数年前の楽しかった頃の浦和を思い出したし、日本人選手が輝いていた。

それはJであまり出番がなかった若手が走っていたことが一つの要因だけど、J全般に走るという意識が出てきたように感じる。でも多くの日本人選手は、動きの中での技術や戦術眼は未熟。スピードアップが仇となった自滅が多発したり、走りを生かすための正確なロングパスを出せる選手が少ないから、ボールと離れた位置や逆サイドのポジショニングが曖昧だったり、ボールサイドで手詰まりになった時の展開が遅くて攻撃が散発的になったり。

日本にはワシントンという絶対的な存在のFWはいないし、これからも多くは望めない。チャンピオン・チームにこそ日本らしいサッカーを期待してしまうが、スキルフルと言われる日本人選手もまだまだ磨く技術は多いと感じた。
ひとりごと | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME |
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。