こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ウォームアップ・ゲーム
○ オランダ 1-0 カメルーン
オランダの大男たちがカメルーンの身体能力をもろともせず、スキルフル、スピーディなフットボールを展開する。イングランドBの試合もそうだったが、ボールが動くテンポがいい。たとえ足元へ出すパスでもパスにスピードがあり、まともにプレッシャーを受けることが少なく、次の展開が楽しみになる(このレベルだとプレッシャーが強い方が面白いかもしれないけど)。ファンバステンになって、以前の脆さは解消されつつあるようだ。激戦区のC組がますます楽しみになってきた。
カメルーンは依然としてディシプリンに問題があるようだ。高い身体能力とラフが紙一重というカードもあったが、どうかと思うプレーも多かった。まあこれが世界の玉際の激しさでもあるのだけど。

○ フランス 1-0 メキシコ
オランダをメインで見ていたが、一つ言えることは、フランスは一時期のグダグダから脱出しつつあるということ。決定機も多く、観客の反応がWC予選前半の時とは明らかに違っていた。ただジダンが目立つ試合でないと展開的に単調になりがちで、やはり物足りなさを感じてしまう。このままでは上位進出は厳しいかも。この試合はアンリがいなかったけど。
負けたけどメキシコはやっぱりいいチーム。狭い局面を巧みなテクニックとパスワークで打開していく様子が楽しい。運動量も豊富で小気味よさを感じる。欧州所属の選手は少ないがクオリティは高く、メキシコらしさも健在。内容的には五分以上だったか。

で、改めて日本はブラジルテンポのゆったりとしたサッカーをしているなという印象が強く残った。テクニック重視の綺麗なサッカーをしているとも言えるが、どこまで世界で通用するのだろうか。
ドイツがルクセンブルグを7-0で粉砕した。相変わらずの生真面目さというか空気の読めなさw。これまでホームで質の伴わない相手とばかり強化試合をやっていた日本。この期に及んで自信を失われても困るのだけど、きっとドイツは全力で戦ってくれるはず。本大会を予測するうえで格好の物差しになりそうだ。
スポンサーサイト
06WC本大会 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME |
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。