こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ 浦和、優勝おめでとう
G大阪と浦和の試合を見ていて、万博でのJリーグの開幕戦を思い出した。質のかけらも感じさせてくれないナイトゲームを戦った両クラブは、その後数年間低迷し、浦和はJ2降格まで経験した。
そんな2つのクラブが最終節に優勝をかけて争い、6万を越えるサポやファンが声援を送っている。日本のサッカーも少しずつ歴史を重ねているのだなと感慨深くなってしまった。

浦和のリーグ戦優勝は、力関係を考慮すれば一番順当な結果に落ち着いたという印象。各ポジションに有力な選手を抱えて際立った弱点がなく、選手層も厚い。隙のない試合運びという点では他のクラブの追随を許さず、シーズンを通して抜群の安定感を発揮し、力の差を感じさせる試合が多かった。
でもサッカーの内容としては…。シーズン当初に感じた期待感はいつの間にかすっかり消え去り、クリンスマンが監督に就任する前のドイツのような退屈さを感じることも多かったかな。

経済規模がクラブの成績に大きな影響力を持つようになった今日のサッカー界では、熱狂的なサポーターや多くのファンを抱える浦和は、間違いなく今後も日本のリーダーたりうる存在。
来シーズンは、代表に関心が集中しがちな日本のサッカー界に変化をもたらすようなサッカーの内容も期待してしまう。

(´-`).。oO(来シーズンは半分以上が関東圏か...JFLへの昇格枠少ないかも...)

そして柏もおめでとう

最終節に逆転でJ1昇格決定。降格による大量の主力移籍にめげず、サッカー界の名門の一つが1年でJ1復帰を果たした。
戦力差が比較的大きく、リアクション志向のチームが多いJ2の中で、開幕時からJ1復帰後を見据えたサッカーを志向していた柏。第1クール終了時には、今年はこのまま独走するかもなんて勢いだったが、例によってJ2地獄にもがく。それでもチームの方向性を変えることなく、ベテランと若手、日本人と外国人がうまくまとまり、戦えるチームへと変貌したクラブは昇格を勝ち取った。
元々組織はしっかりとしており、育成も出来るクラブ。J2に落ちたことでフロントやサポが何かをつかんだクラブは、降格時のような不甲斐ない姿を見せることはないだろう。数年間は苦労するに違いないが…。

得失点差わずか1の差で自動降格となったC大阪はどうなる?そして入替戦に出場する権利を得た福岡は?関西にJ1が1クラブだけというのも淋しいし、九州のクラブが減るのもなんだかなあ…。

(´-`).。oO(昇格を知らされた瞬間の選手とサポの歓喜に...)
スポンサーサイト
Jリーグとか | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
| HOME |
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。