FC2ブログ
こっそり、ひっそり、のんびりと・・・。
★ 備忘録
とある甲府の練習風景のレポ(U-KS Loggin')
甲府 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ そういうことだったのか。
( ´Д⊂ヽサカダイで甲府特集をやってたので、久しぶりに立ち読み。大木監督が、ズデネク・ゼーマンの影響を受けていることを知る。ファンバステンがラフなセリエのDFたちに傷つけられ嫌気がさしていた頃(当時のセリエはほんと酷かった)、かろうじてセリエへの興味をつなぎとめてくれたのがゼーマンのラツィオとシニョーリだったことを思い出す。同時期にカズもジェノバに移籍してたけど。

なるほど同じ4-3-3システムから攻撃的なサッカーを志向している。そのスタイルも流動的なポジションチェンジを織り交ぜながらボールを動かすパス・サッカーで、甲府が精度を高めていけばもっとワクテカできるようになるに違いない。でもディフェンスが脆く、あっけなく大敗してしまうところも似るんだろうな。

存続さえ危ぶまれ、今年J1に上がったばかりの甲府。まだまだクラブの基盤は弱く、決して強くはない。でもそんな甲府が「エンターテイメント」をキー・ワードに作り上げるサッカーにチャレンジしている。苦労人の選手たちが、地元の暖かいサポートを受けて闘う姿も魅力的だ。サッカー誌だけでなく、他のチームのサポの中にも注目する人がいるのも納得で(ネット上での反応)、オシムたん就任時の千葉に似た空気を感じてしまう。

画像は某掲示板で拾った新聞広告。こんなの見せられたら・・・。

ところで今朝のCL、寝坊して後半しか見ていない。決してつまらないゲームではなかったが、それは展開的なものの力も大きく、アーセナルがアウェーらしすぎて少々がっかり(笑)。ハードスケジュールに悩むクラブにとって、仕方のない選択だったのかな。ハイベリーのビジャ・レアルと同じような戦い方を選択し、ガナーズがきっちり勝ち上がったと言えなくもないが、第3者的には物足りなかったのだ。

(´-`).。oO(大連のピッチいくらなんでも...)
甲府 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ( ゚∀゚)o彡゚甲府!甲府!
もう何回目だろこのタイトル(笑)
なので甲府というカテゴリを作ってみた。
千葉とやり方は違うが、甲府もよく走るチーム。
いや千葉以上かもしれない。
絶対に最後まであきらめない選手たちは体を張れる勇気も持ち合わせていて、一所懸命、ひたむきという言葉が本当によく似合う。
そしてスタジアムに来たサポーターもファンも暖かい。
ゲームの流れに合わせ自然と湧きあがる拍手と歓声。
存続をあきらめなかったクラブとサポの努力を思うと泣けてきた( ´Д⊂ヽ

(´-`).。oO(小瀬にいくのが正解だったかも...)
甲府 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ ( ゚∀゚)o彡゚甲府!甲府!(C大阪2-3甲府)
甲府を見ているとほんとわくわくする。そして戦力的により恵まれない分、ハラハラ度ではオシムたんの千葉の上をいくかも(笑)。豊富な運動量や先手を取る素早い攻守の切り替え、パス&ゴーといったサッカーの基本要素、そして闘う姿勢といった非常にベーシックな部分での差がゴール1つに現れたのかも。

甲府昇格時に「J1ではなかなか目にすることができないスタイルだから意外にやれるかも、なんて夢見ているおいらがいる。」と書き残した。これまでの6試合で勝ち点8、ナビスコも1勝し、昇格組としては大健闘。サッカーそのものの内容で存在感も少し出てきたように思う。

しかしまだまだ先は長い。この先、負けが続いて流れが悪くなったり、選手層の問題で苦労するかもしれない。でも今のスタイルとチャレンジャーとしてのスピリットを貫くことが、よい結果につながるチームだと信じたい。

(´-`).。oO(宇留野、杉山やっぱいい...代表もこんな気持ちに...レフェリー...)
甲府 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
★ うーん。。。
甲府サポ鹿島3-1甲府
3月21日
@カシマサッカースタジアム

リーグ戦初対決ながら手の内を探り合うことなく、鹿島が攻撃の姿勢をみせれば、甲府も負けじと対抗する。緊迫した主導権の奪い合いが10分以上も続くと、鹿島ファンの間にも「甲府やるな」という緊張した空気が流れ始める。しかしそんな雰囲気は長くは続かなかった。

そのきっかけとなったのは、柳沢を中心としたFWとMFの連動した揺さぶり。スピーディかつフィールドを大きく使った崩しに甲府の最終ラインが徐々に下がっていく。前半の早い時間帯から下がってボールを受ける藤田の姿がなんとなく先を暗示していた。もう少し我慢していれば展開が変わっていたかも、そんな想像をするのは結果論なのだろうか。

このゲームで一つ甲府の拙かった点をあげるとすれば選手間の距離で、縦横全方向にバランスがよいはずの4-3-3の特徴が発揮できていなかった。確かに鹿島の守備、とくに増田、青木の頑張りは見事だったが、先にアクションを起こせない甲府は後手を踏んでいた。効果的なフォローは少なく、スモールフィールドに絞られて手詰まりになったり、つなぎのパスにつまらないミスが頻出する。楽な体勢でボールを受けて優位な勝負を仕掛けていた鹿島とは対照的だった。

甲府のことは、個の力の差を攻撃的な戦術やチャレンジするスピリットで埋めるチームだとみている。このゲームでも目指すものは伝わってきたが、小さな個の差が積み重なり、それがチームとしての完成度に現れ、甲府のよさが発揮できないままゲームは終わってしまった。現時点での個の差や選手層の問題が結果にストレートに現れたのだろうが、鹿島の方がより戦っている印象を受けたのも事実。

4試合で勝ち点4は、昇格チームであることや対戦相手、戦力を考えればまずまず。でも今日のように受けに回ったゲームでの脆さが顕在化しているうちは、J1定着はおぼつかないぞと。最低でも1試合1以上のペースで勝ち点を積み上げていく必要があるが、次のゲームでは勝利を目指してより積極的に戦って欲しい。ホームなのだし。

---

五浦ハム(゚д゚)ウマー内田のゴール・シーン。逆サイドだったので、カバーリングの位置関係はよくわからなかったが、無抵抗の1対1の連続にはちょっとため息。
前節はファインセーブを連発した阿部。ほぼ真横に叩きつけられたヘディングのセーブが簡単でないのはわかるが・・・。
期待していた藤田は、後半になって少しらしさを見せてくれたが、まだ怪我が万全でないのだろう。簡単に交代させる選手ではないのだろうが、とにかく残念。

鹿島でプレーする小笠原は楽しい。オシムたんがいうエキストラキッカーとしてはまっていて存在感は十分。でもさぼり癖はあいかわらずかな。
柳沢は動きだけで評価すれば間違いなく日本一のFW。肝心な場面で30%の確率を50%に高めようとして失敗していたけれど、ゲームを作っていた。
内田、増田、青木が面白かった。こんなに走る鹿島は久しぶりな気がする。攻撃的な甲府の裏を取りやすかったにしろ、攻守ともにキレを感じる動きは気持ちがよかった。

レフェリーは、選手が倒れてもファールでない場合は流していた。一部の選手とファンは面食らっていたけれど、この基準の笛を継続して欲しい。柳沢のイエローの場面はファールがあったように見えたが、派手に転がりすぎ。もう一歩踏ん張らないと。

(´-`).。oO(これでしばらく生で甲府を見る機会がないや...スタグルメ堪能...)
甲府 | comments(-) | trackbacks(-) | top ▲
前ページ | HOME | 次ページ
PROFILE
へっぽこ
  • author:へっぽこ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES